脂肪細胞の炎症が: メタボ治療に“光” 脂肪炎症Tリンパ球関与、東大など仕組み解明

メタボリックシンドロームが言われ始めてから段々とその全容が解明されつつあるようですが、新たなことが判明したようです。

生活習慣病につながるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)について東京大学大学院医学研究科循環器内科の永井良三教授らの研究グループが、病気の原因になる内臓脂肪の炎症は免疫を担うリンパ球の一種「Tリンパ球」が脂肪組織に集まることがきっかけに起きていることをマウスの実験で明らかにした。動脈硬化、糖尿病などの治療にもつながる成果で、26日付の米医学誌ネーチャー・メディスン電子版に掲載された。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

意味無い!?: 一時は14キロ減も無念・・・。渡辺徹が15キロのリバウンドを明かす

俳優の渡辺徹さんが、役作りのために減量したそうですが、リバウンドしたそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090721-00000003-oric-ent

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]