期待: 腫瘍ができにくいiPS細胞を開発 京大

再生医療などに期待が高まっているiPS細胞ですが、これまでよりも安全性の高いiPS細胞が開発されたそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100727-00000505-san-soci

従来とは違う因子を使い、より質の高い人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作製できることを、京都大学iPS細胞研究所の中川誠人講師(幹細胞研究学)らの研究チームが世界で初めて解明し、27日付(日本時間)の米科学誌「米国科学アカデミー紀要」(電子版)に掲載された。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]