塩素が: 浅漬け食中毒、製造工程に原因=消毒液濃度、基準以下も―札幌市

先日札幌で発生したO157の集団感染で、調査の結果、製造過程での消毒が不十分であった可能性が指摘されています。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120928-00000217-jij-soci

白菜の浅漬けによる病原性大腸菌O(オー)157の集団食中毒で、札幌市保健所は28日、岩井食品(同市西区)の製造工程に原因があったとする調査結果を発表した。同社は白菜を殺菌する消毒液の濃度を目分量で調整していたほか、消毒液を追加していないなど複数の問題点があった。

北海道は同日、食中毒で苫小牧市内の病院に入院していた80代の女性が死亡したと発表。死者は8人になった。

市保健所によると、岩井食品は問題の浅漬けを製造した7月28日、白菜の前にキャベツを漬けていた。一連の作業で、消毒液の塩素濃度は徐々に低下。保健所の再現実験では、殺菌槽の一つで1リットル当たり210ミリグラムあった塩素濃度が殺菌後に95ミリグラムに低下し、国が定めたマニュアルの100ミリグラムを下回った。(2012/09/28-21:41)

時事ドットコム:浅漬け食中毒、製造工程に原因=消毒液濃度、基準以下も-札幌市

消毒液が足りなかったのですが、それはいけません。

とはいえ、塩素が使われているということも違和感を感じます。口にするものですから、残留塩素が気になります。勿論、かつて水道水やプールの水も塩素消毒されていたことは知っていますが…

塩素消毒については、製造業者や消費者からも反発があります。

8人が死亡した浅漬けによる病原性大腸菌O157集団食中毒。札幌市保健所が29日に調査結果を公表し、「岩井食品」(札幌市西区)の衛生管理体制の不備が指摘された。道は漬物製造業者に塩素などによる消毒の徹底を求め、再発防止に乗り出しているが、塩素の使用には業者から「食味を損なう」などとの不満が出ている。【鈴木勝一、大場あい、山下智恵】

◇混入ルートは不明

市保健所の調査では、病原性大腸菌O157の混入ルートは解明されなかったものの、浅漬け「白菜きりづけ」の製造工程で、漬物に菌が付着したり、増殖したりする可能性が多数あったことが明らかになった。

消毒液は、再現試験の結果、キャベツや白菜を同じ液で繰り返し洗浄する間に濃度がどんどん薄まり、後半に洗った野菜ほど、残る菌数が多くなる傾向にあることが判明した。

試験では従業員が目分量で塩素濃度210~250ppmの消毒液を作ったが、「濃度はその日によって違っていた」(市保健所)と考えられ、もし同社が当初説明していたように150ppmの液を使っていれば、洗浄を繰り返すうちに50ppmを下回っていた可能性もあるという。

一連の調査では衛生管理の不備も露呈。野菜納入時に使われた段ボール箱はそのまま製造室に持ち込まれていた。一番外側の葉をはがした後に4分割した白菜は、微生物が付着している可能性が高い外側の葉の上に置いたまま保管していた。

また、殺菌前の野菜を扱う区域と、殺菌後の区域は区別されず、殺菌用のたるも段ボール箱に近い場所に置かれていた。たるや水切り用のザルなどは殺菌前の洗浄や殺菌など多目的に使い回していた。給水ホースは床に直接置いたものをそのまま使用していた。

市保健所の山口弘行・食の安全担当部長は「O157はそれほど検出される菌ではないが、悪条件が重なって製品(浅漬け)に移ってしまった」と話す。

◇「味を損なう」と懸念

道は8月に漬物製造施設の立ち入り検査を実施。だが、浅漬けを製造していた116施設の7割以上の85施設が殺菌しておらず、道は次亜塩素酸ナトリウムなどを使った殺菌を指導。近く、実際に殺菌しているかなどの調査結果をまとめる。

だが、函館市の漬物製造・販売会社社長は「開業から何十年も問題はなかった。塩素に抵抗を持つ消費者もいるので、法律で義務化されなければ使わない」。後志地方の漬物製造会社も塩素を使わない予定で、担当者は「野菜の食感が損なわれる。塩素につけた浅漬けを自分も食べたいと思わない」と話す。

後志地方の別の業者は塩素消毒導入を検討しているが、試作した浅漬けは味に違和感があったといい、「昔ながらの味を求める消費者は買わなくなるのでは」と心配する。

塩素消毒を行っている業者も、消毒の強化には懐疑的。漬物製造「共栄ピクルス食品」(幕別町)の菊地清一社長は「塩素を使わない同業他社では問題が起きていない。原料よりも漬けだるなどの器具の殺菌が重要ではないか」と指摘する。

札幌消費者協会の桑原昭子会長は「製造業者にはこれまで以上に衛生管理を強化してほしいが、一律に消毒を義務づけることが正しいのか。残留塩素の検査も一緒に行わないと不安。消費者としてどちらがいいのか」と複雑な思いだ。

一方、岩井食品の浅漬けを食べて食中毒を発症したのは、高齢者関連施設の患者が全体の6割以上。高齢者施設では警戒のため浅漬け使用自粛の動きが出ている。

札幌市中央区の養護老人ホーム札幌市長生園は「入居者や家族が心配しないよう、浅漬けを出すのをやめて、つくだ煮で代用している」と話す。同市手稲区の特別養護老人ホームも「キュウリやナスの浅漬け使用をやめ、古漬けの漬物に切り替えた」と話す。

「今も浅漬けを提供している」という市内の特養ホームでは「給食委託業者にお願いして、食品の安全確認を徹底してもらっている」と説明する。

◇保健所持つ4市、道と会議常設化

今回の集団食中毒では、浅漬け流通先公表のタイミングや発表内容が保健所ごとに異なり、「自分の買った浅漬けは大丈夫か」と不安を持つ消費者が必要な情報を探しにくいという事態も生じた。26保健所を抱える道と、独自の保健所を持つ札幌、旭川、函館、小樽4市は食中毒に関する会議を常設化。定期的に情報交換をすることなどを決めた。

厚生労働省も、国内でO157集団感染が確認される前の81年に策定した「漬物の衛生規範」を見直す。

また、道条例では漬物製造業は知事の営業許可が必要だが、規制がない自治体もあり、製造施設要件の有無も全国ばらばら。道は今後、漬物製造業も乳製品製造業などと同様に食品衛生法による営業許可の対象とするよう、厚労省に働きかけていく予定だ。

O157:集団食中毒 「塩素」に業者反発も 消毒徹底求められ /北海道- 毎日jp(毎日新聞)

やっぱり残留塩素を気にしていらっしゃる方もいるようですね。業者としても、風味の悪い製品を出荷するわけにはいきませんし。

最近の水道水はオゾンで殺菌しているようですが、装置が高価なので中小企業には手が出ないかも知れません。やはり手軽な塩素消毒に頼るほか無いのでしょうか。

それに、これは北海道だけの問題ではないと思います。やはり厚生労働省と消費者庁にしっかり対応してもらいたいと思います。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

危険メタノール: 密造酒製造で2人逮捕=死者25人に―チェコ

チェコでは密造酒が出回り、メタノールが混ざった密造酒を飲んだ人が死亡するなどの騒ぎになっているようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120925-00000023-jij-int

【ベルリン時事】チェコで工業用のメチルアルコールを混ぜた密造酒を飲んだ人が相次いで死亡した事件で、捜査当局は24日、主犯格の男2人を逮捕したことを明らかにした。犠牲者は少なくとも25人に達している。

2人は飲んだ人の生命に危険を及ぼす恐れがあると認識しながら、金を稼ぐ目的で密造酒を製造し、市場に流した疑いがある。有罪なら終身刑の可能性もある。市場には今も1万5000リットルの密造酒が出回っているとみられ、警察は不審な酒類は飲まないよう国民に呼び掛けている。

チェコ政府は事件を受け、アルコール度数が20%を超す酒類の販売を禁止するとともに、酒類の輸出を停止した。

時事ドットコム:密造酒製造で2人逮捕=死者25人に-チェコ

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

黴: ドライトマト、自主回収へ=三菱食品

ドライトマトに黴が生えていたとして、回収されているそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120925-00000101-jij-bus_all

三菱食品は25日、ドライトマト「トマトマの実 35g」の一部商品でカビが発生しているのが見つかったとして11万5000個を自主回収すると発表した。これまでに健康被害の情報はないという。

回収するのは賞味期限が今年11月9日から2013年3月13日までの商品。中国から輸入した乾燥トマトを国内工場で袋詰めして販売していたが、カビ発生の原因は分かっていない。

問い合わせ先は03(3767)6556。 

時事ドットコム:ドライトマト、自主回収へ=三菱食品

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

期待、でも高い: “生肉党”に朗報! 「安楽亭」がユッケ販売再開へ

病原性大腸菌による集団食中毒で死者が出て販売が規制されているユッケの販売を、安楽亭が再開するそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120922-00000522-san-soci

焼き肉チェーン店を展開する安楽亭(さいたま市)は21日、ユッケの販売を24日から再開すると発表した。昨年10月に施行された生食用牛肉の新基準を満たすことが可能になったため。同社は「大手チェーンでの販売再開は初めてではないか」としている。

「国産牛ユッケ」は、一皿約60グラムで1260円。「安楽亭北本中丸店」(埼玉県北本市)で24日午後5時から提供を始める。保健所の許可が得られ次第、販売店舗数を増やしていく計画だ。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

口実: ビールで筋肉老化防止=ホップ成分が作用―徳島大

ビールの原材料に含まれる成分が筋肉の老化を防止する作用があることが分かったそうです。

ビールに含まれるホップの成分に筋肉の萎縮を抑制する作用があることが徳島大学大学院の研究チームの実験で分かった。乳酸菌飲料といった機能性食品の開発などに応用できれば、寝たきりの高齢者らの筋肉老化防止につながると期待される。成果は19日付の米科学誌プロスワンに掲載された。

実験によると、ホップに含まれるプレニル化フラボノイドを混ぜたえさを約2週間与えたマウスは、通常のえさだけのマウスと比べ、ほとんど筋肉量が減少しなかった。同フラボノイドが、筋タンパク質の分解を促す酵素の生成を抑え、筋萎縮を防いだとみられる。

ただ、人が同様の効果を得るには、ビールを毎日数十~数万リットル飲み続ける必要があるという。

研究チーム代表の寺尾純二教授(食品機能学)は、「筋肉の老化を防ぐにはリハビリしかなく、寝たきりの高齢者には難しかった。今回の研究を応用すれば、機能性食品や薬の摂取による筋肉老化の防止が期待できる」と話した。(2012/09/20-06:07)

時事ドットコム:ビールで筋肉老化防止=ホップ成分が作用-徳島大

プレニル化フラボノイド(Prenylated flavonoid)ですか…

ビール好きにはいい口実かも知れません。でも、やっぱりただの口実でしかありません。ビールを毎日数十~数万リットル飲み続けることなんて、いくらビールが好きな人でも絶対無理でしょう。

でも、研究自体には期待しています。寝たきり老人が元気になる可能性もあるのです。問題の酵素の生成を阻害する仕組みが分かれば、もっと効果の高い化学物質を合成できる可能性もあります。

将来はビールではなくサプリメントや医薬品でこういう成分を摂取することになるかも知れませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

Firefox派の私は…: IEに新たなバグ、専門家は他のブラウザーの一時利用を推奨

MicrosoftWindowsに標準搭載されているウェブブラウザであるInternet Explorer(IE)に新たなバグ(不具合)が見つかったそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120918-00000038-reut-bus_all

[ボストン 17日 ロイター] 米マイクロソフト<MSFT.O>は17日、同社のウェブブラウザー「インターネットエクスプローラー(IE)」に新たなバグ(不具合)が見つかったとし、無料のセキュリティーソフトをインストールするようユーザーに呼びかけた。

IEは世界中で数億人が利用しているが、マイクロソフトによると、今回見つかったバグが悪用されれば、悪意のあるウェブサイトを訪れたパソコンが感染させられる恐れがあると説明。パソコンを支配されてしまうこともあり得るという。同社は不具合を解決した新たなバージョンをリリースするまでの当面の対策として、無料ソフトのインストールをユーザーに推奨している。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

デブは危険: 森三中・大島&黒沢 村上負傷を謝罪「原因は体重過多」

森山中の村上知子が負傷したのはデブだったからという笑えないジョークが、メンバーの口から出てきました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120917-00000313-oric-ent

お笑いトリオ・森三中の村上知子(32)がバラエティ番組の収録中に右足のふくらはぎを負傷した件について、メンバーの大島美幸(32)、黒沢かずこ(33)が17日、都内イベント会場で取材に応じ、当時の様子などを語った。黒沢は「運動不足と足の短さで、グキッとやっちゃった」と苦笑い、大島も「原因は体重過多。たぶん肉離れでしょう。ご心配おかけして申し訳ございません。村上さん、大丈夫ですから」と謝罪した。

2人はこの日、東京・代々木第一体育館で開催された『東京ランウェイ 2012 A/W』にゲスト出演。当初は3人そろってランウェイを歩く予定だったため、大島は「村上さん、残念がっていた」と報告。村上用のオシャレなネグリジェ衣装も用意していたとあって「楽しみにしてたんですよ~」(黒沢)と村上の心情を代弁した。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

怖い: マイクロソフト、中国で出荷時からマルウェアを含むPCを発見――工場でプリインストールか?

一部の中国製PCには、工場出荷時に既にマルウェア(malware)に感染しているとの話があります。製造工程のどこかの過程でインストールされているのかも知れないということです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120917-00000001-cwj-sci

米国Microsoftは、中国で出荷時のPCに、強力なボットネット・マルウェアがプリインストールされていたという、驚くべき証拠を公開している。

中国でマルウェアの調査を行う「Operation B70」が開始されたのは2011年8月のこと。Microsoftの文書では、デジタル犯罪ユニット(DCU)が、中国内の様々な地域から20のブランドのPCを購入し調査をしたところ、そのうち4台がプリインストールされたバッグドア型のマルウェアによって感染しており、そのうち一つには既知の「Nitol」と呼ばれるルートキットが含まれていたという。

調査チームが、Nitolの活動を追跡したところ、C&C(コマンド&コントロール)サーバが存在していることが明らかとなった。このマルウェアに感染させられたPCが、より大きなボット、おそらくDDoS攻撃を仕掛けるために使われることを突き止めたという。

USBなどのリムーバブルメディアに自分自身のコピーを残すことによりNitolはプリインストールされていたPC以外にも広がっていく。

NitolによってC&Cサーバでマルウェアをホストされた場合、マルウェア犯罪者たちにとっては、ほぼあらゆる問題行動が可能となる。キーロガや制御ウェブカメラ、検索設定の変更など、様々なことを犯罪者側が遠隔操作で行えるようになる。

Microsoftは、長い間マルウェアがPCの製造中、もしくは製造後すぐにPCにインストールされているのではないか、という疑いを持っていたと述べている。

Microsoftは調査結果を紹介したブログのなかで「特に不穏なのが、輸送、企業間移動などサプライチェーンのどこかの時点でPCにマルウェアがインストールされているということだ」と強調する。

セキュリティ対策を加える前に、誰かが製造時にマルウェアをインストールしているという状況は、工程の後の方でセキュリティ対策を加えるというセキュリティ・システムそのものを見直さなければらならなくなる。

加えて、エンドユーザーがこれらによるリスクを回避するには、既知の安全なイメージ・ファイルを用いて、オペレーティング・システム(OS)を再インストールするしかないだろう。

「Operation B70」は、PCのセキュリティ状態が望ましくない状況に置かれている点を指摘しているとともに、サプライチェーンにおけるセキュリティに疑問を投げかけている。

Microsoftは、すでに先週前半に、Nitolボットネットに指示するために使用されているC&Cサーバを制御するために米国裁判所から許可を取得したという。

マイクロソフト、中国で出荷時からマルウェアを含むPCを発見――工場でプリインストールか?|セキュリティ・マネジメント|トピックス|Computerworld

OSプリインストールの中国製PCを購入したら、マルウェアもプリインストールされていたとくことになりますね。

怖いですね。

記事によれは、セキュリティーソフトもあまり役には立たないようですが、これでは駄目ですよね。

マルウェアを消すにはOSの再インストールが必要ということは、結局、OSプリインストールのPCを買う意味が無いということになりますね。

何かと中国製はお騒がせです。日本製を買いましょう。

まあ、一番なのは、自作です。勿論それなりのスキルが要求されますので、万人に勧めることはできませんが。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

ようやく本物が登場: アップル「iPhone 5」発表–国内でもLTE対応で9月21日より発売

アメリカのアップル社はiphone5を発表しました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120913-35021688-cnetj-sci

アップルは9月13日、スマートフォンの新モデル「iPhone 5」を発表した。

iPhone 5は事前の噂通り、4インチのRetinaディスプレイ(1136×640)を搭載。アスペクト比は16対9だ。彩度も以前より44パーセント向上しているという。「A6チップ」を搭載し、iPhone 4Sに搭載されている「A5チップ」に比べて最大2倍高速になったという。SIMの形状はmicro-SIMからnano-SIMに変更されている。

厚さは7.6mmで、iPhone 4Sよりも18%薄く、重さは112gと20%軽くなった。現在国内でiPhone 4Sを展開する、KDDI、ソフトバンクモバイルのLTEにも対応するとしている。これは、アップルの製品発表会で明らかにされたもので、日本のアップルのウェブサイトでもキャリア名などが明記されている。なお、今回は各国で展開されるLTEの周波数にあわせ、3つのモデルを用意しているようだ。

アップル「iPhone 5」発表–国内でもLTE対応で9月21日より発売 – CNET Japan

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

新居を特定: <不正アクセス>元交際相手のパスワード保管、女を書類送検

元交際相手のパスワードを用いて新居を特定し、侵入した女が書類送検されたそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120914-00000034-mai-soci

元交際相手が所有するインターネットサイトのIDとパスワードを不正に入手し、保管したとして、警視庁サイバー犯罪対策課は14日、東京都目黒区の無職の女(42)を不正アクセス禁止法違反(不正保管)容疑で書類送検した。今年5月に他人のパスワードなどを保管することが違法となってから、今回が全国初の摘発。

書類送検の容疑は5〜6月、以前交際していた40代の会社員男性が所有する衣料品店の通販サイトのIDとパスワードが書かれた手帳を盗み、自宅に保管したとしている。調べに「相手の行動を把握したかった」と容疑を認めている。

サイバー課によると、男性は昨年12月に女と別れて転居し、別の女性と結婚していた。女は手帳に記録されていた男性のフリーメールのIDとパスワードを使って不正アクセスし、新居のマンションを把握。マンションの敷地内に入り、住居侵入容疑で逮捕されていた。【黒田阿紗子】

不正アクセスして、住居侵入ですか。

ストーカーでしょうか?

それもそうですが、被害者(?)の男性は、不用意にもパスワードとIDを手帳に記録していたのですか。これは拙いですね。

パスワードをメモしておくと、盗まれ、ストーカー被害に遇うのですね。

ちなみに、私はパスワードを暗記しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]