新事実?: 豆電球を点けて寝る人は「デブになる」? 光と体のメカニズムを奈良県立医大が解明

「豆電球を点けて寝ると肥満になる」という研究結果が発表されました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130130-00000002-jct-soci

就寝するときに部屋が真っ暗だと眠れない、などとして蛍光灯の豆電球を点ける人もいるが、その豆電球の明かりが肥満につながる可能性がある。そんな調査結果を2013年1月に奈良県立医大の研究者が発表した。

光が体の生体リズムに影響を及ぼすためで、食欲が強くなったり、体に好影響を与えるホルモンのメラトニンが出なくなったりして、中性脂肪が高くなる「脂質異常症」を引き起こす可能性もあるのだという。肥満には体質や食生活などさまざまな原因があるとされているが、睡眠時の生活習慣も関心を呼ぶことになりそうだ。

豆電球を点けて寝る人は「デブになる」? 光と体のメカニズムを奈良県立医大が解明 : J-CASTニュース

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

禿にもiPS: iPS、薄毛治療の可能性=毛髪組織を部分再生―慶応大

禿の人に朗報です。iPS細胞を応用すれば、髪の毛が戻るかもしれないという研究結果が発表されました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130123-00000156-jij-sctch

人工多能性幹細胞(iPS細胞)を用い、毛髪を作り出す組織「毛包」を部分的に再生させることに成功したと、大山学慶応大専任講師らの研究チームが23日までに、米科学誌電子版に発表した。チームは「脱毛症の治療や、育毛剤開発につながる可能性がある」としている。

研究チームはまずヒトのiPS細胞を、皮膚になる手前の細胞に変化させた。さらに、皮膚細胞に毛包を作るよう働き掛ける「毛乳頭」の代わりに、同様の力を持つ若いマウスの皮膚細胞を皮膚になる前の細胞に混合。マウスに移植したところ、マウスとヒトの細胞が混ざった毛包の組織と毛髪ができた。

ヒトの毛乳頭には大量採取が難しいなどの問題があるため、今回は採取が容易な若いマウスの細胞を用いた。ヒトiPS細胞から毛乳頭を作ることができれば、今回の方法を応用して完全なヒトの毛包を再生させることが可能になると期待できるという。

時事ドットコム:iPS、薄毛治療の可能性=毛髪組織を部分再生-慶応大

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

ようやく…: 薬ネット販売、国の敗訴確定=規制省令「違法で無効」―全面解禁に・最高裁

改正薬事法施行後に省令で大衆薬のネット販売が禁止されていた問題ですが、ネット販売業者側の勝訴が確定しました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130111-00000085-jij-soci

厚生労働省が省令で市販薬のインターネット販売を規制したのは違法だとして、販売会社が国にネット販売をする権利の確認などを求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(竹内行夫裁判長)は11日、「省令は薬事法の趣旨に適合せず、違法で無効」と判断し、販売の権利を認めた二審判決を支持し、国側の上告を棄却した。

国の敗訴が確定し、ネット販売は事実上、全面解禁される。ただ、判決はネット規制そのものを違法とはしておらず、国は今後、改めて薬事法改正などによる規制を検討する。

原告は「ケンコーコム」(東京都)と「ウェルネット」(横浜市)。両社は、2009年6月の改正薬事法施行時に、一部を除き市販薬のインターネット販売を禁止した省令を国が定めたのは、憲法の保障する営業の自由を侵害するなどとして提訴した。(2013/01/11-17:35)

時事ドットコム:薬ネット販売、国の敗訴確定=規制省令「違法で無効」-全面解禁に・最高裁

ようやく確定しました。しかし、最高裁の判決理由がひっかかります。現在の薬事法はネット販売を禁止していないという趣旨に取れます。

そんなことはおかまいなしに、既に原告のケンコーコムは販売を開始しました。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]