おせち料理の…: グルーポンを騙るECサイトが出現

以前、世間を騒がせたネットクーポンサービスのグルーポンですが、偽グルーポンサイトが出現したそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130618-00000025-rbb-sci

グルーポンは18日、同社を騙るECサイトが存在するとして、注意喚起する文章を公開した。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

手抜き: 「毒ピータン」30社生産停止=熟成に工業用硫酸銅―中国

中国で、インチキして早くビータンを熟成させた「毒ピータン」を製造していた疑いのある工場が閉鎖などされたそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130616-00000069-jij-cn

【北京時事】中国メディアによると、江西省南昌県で、アヒルなどの卵を熟成させるピータンづくりに、工業用硫酸銅が使われていた疑いが強まり、同県は30社のピータンの加工場を閉鎖・生産停止とした。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

著作権法違反では?: 「あまちゃん」作曲家、選挙カーでの楽曲使用に苦言…数が多すぎてお手上げ

現在(2013年6月)都議会議員選挙の選挙活動の真っ最中ですが、人気となっているNHKの連続ドラマ小説「あまちゃん」の楽曲を選挙運動の際に使用する候補者が出ています。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130614-00000001-jct-soci

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」のテーマ曲を作った、作曲家の大友良英さん(53)が2013年6月14日、「あまちゃんのテーマ曲を選挙カーが流しているという通報複数もらってますが、私は一切関係ありません」とブログで発表した。

「あまちゃん」は10日に22.1%(ビデオリサーチ・関東地区)の視聴率を記録するほどの人気番組だが、7月の参院選を前に「あまちゃん」人気に便乗しようする候補者が多いのだろうか。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

サクラサイト: アイドルになりすまし、37万人から116億円

ネットでサクラと言えば、出会い系サイトのサクラですが、芸能人に成りすまして116億円も荒稼ぎした輩が詐欺容疑で逮捕されたそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130613-00000614-yom-soci

芸能人らを装ったサクラが、メール交換を持ち掛けて出会い系サイトに誘導し、高額な利用料を請求する「サクラサイト商法」で金をだまし取ったとして、警視庁は13日、東京都新宿区のサイト運営会社「ウイングネット」の元役員ら男女9人を詐欺容疑で逮捕したと発表した。

同庁によると、同社は昨年6月までの約2年4か月間に全国の約37万2000人から約116億円を売り上げており、同庁は大半が同商法によるものとみて余罪を調べている。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

結局は…: 違法コピー通報、報奨金プログラム第1週の最多は販売・流通業界

商用ソフトウェア業界は、長年ソフトウェアの違法コピーに悩まされているそうです。著作権保護団体BSA | The Software Allianceが、違法コピーを使用している組織などを通報した人に報奨金を与えるプログラムを実施しているそうです(2013年7月31日までの期間限定)。

これまでの結果を集計すると、販売/流通業界の違法コピーが目立ったそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130612-00000013-rbb-sci

著作権保護団体BSA | The Software Allianceは12日、「報奨金プログラム」開始後1週間(6月1日~7日)で組織内違法コピーがもっとも多く通報された“ワースト業界”を発表した。

それによると、ワースト業界は販売/流通業界(全体比13%)で、次いで多かったのが同率でIT、製造、不動産の3業界(全体比9%)だった。第1週のワースト上位には、知的財産を創出する側の業界が数多く含まれる結果となり、「予断を許さない状況にある」とBSAでは分析している。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

当然では?: <薬のネット販売>市販薬99%超解禁 政府方針

色々と揉めていた市販薬(OTC医薬品、大衆薬)のネット販売ですが、政府はほぼ解禁するようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130603-00000013-mai-bus_all

政府は2日、一般用医薬品のインターネット販売に関し、現在禁じている抗アレルギー剤や一部胃腸薬などの第1類と一部解熱鎮痛薬などの第2類のうち、副作用リスクが最も高いとされる第1類の一部を除く薬について認める方向で最終調整に入った。全面解禁は見送るものの、市販の一般用医薬品約1万1400品目の99%超に当たる。安倍晋三首相が5日に東京都内で成長戦略に関して行う講演で表明することを目指し、近く田村憲久厚生労働相や稲田朋美行政改革担当相ら関係4閣僚が協議する。

市販薬は副作用リスクの高い順に▽第1類(約100品目)▽第2類(約8300品目)▽ビタミン剤などの第3類(約3000品目)−−に分類されている。厚労省は1、2類について「薬剤師などによる対面販売が不可欠」としてネット販売を認めてこなかったが、規制を違法とした1月の最高裁判決や、政府の規制改革会議などの要請を受け、政府・与党で見直しを検討。最も品目が多い第2類は全て解禁し、第1類についても、かつては医師の判断でしか使用できなかった市販薬(スイッチOTC薬)をリスクごとに分類、特に危険度の高いものを除き、解禁する方向だ。

医薬品のネット販売を巡っては、慎重派と解禁派の対立が解けず、厚労省の有識者会議は5月31日、両論併記の報告書をまとめている。自民党内では7月に参院選を控え、慎重派の日本薬剤師連盟や日本医師連盟の反発を押し切ることには慎重な意見が強い一方、規制改革を担当する稲田氏らは全面解禁に積極的。こうした情勢を踏まえ、高リスクの第1類の一部はネット販売の規制を続ける半面、大半の市販薬については認める方向となった。【佐藤丈一】

薬のネット販売:市販薬99%超解禁 政府方針- 毎日jp(毎日新聞)

当然ではと思います。

どう考えても、OTC医薬品のネット販売を規制する理由がありません。対面販売がネット販売よりも安全であるという根拠が無いと思います。

薬剤師は医者ではないので、薬の飲み合わせの判断位しか出来ないのではと思います。勿論、薬の飲み合わせや副作用を考慮して薬を選択するという薬剤師の仕事は重要だと思います。

ですが、市販薬は安全であるから医師の処方箋が無くても購入できる訳です。

つまり、副作用が問題になるような薬は、市販薬として認可すべきではないのです。

本来なら、危険な薬が市販薬として販売されていたら、市販薬としての販売を中止するよう働きかけるべきではないでしょうか?

逆なんですよ。考え方が。

市販薬のネット販売に反対している人たちは、「薬を販売する権利」を自分たちだけのものにしたいのではないかと勘繰ってしまいます。つまり、権益ですね。

この問題は、放置しておくといつまで経っても平行線のままです。

そこで政府は、「成長戦略」という大義名分を掲げて解禁に踏み切ったのだと思います。

どうせTPP関連で、薬の販売の規制緩和を要求されるでしょうし。

99%以外の残り1%は、おそらく「一応安全にも配慮していますよ」というポーズだと思います。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

本来の役目: 関東のテレビ電波完全移行、タワーからツリーへ

遅れに遅れていた在京テレビ局の電場の送信元の切り替えがようやく実施されました。

東京タワーから東京スカイツリーへと切り替えられました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130531-00000583-yom-ent

NHKと在京民放キー局5社の関東地方のテレビ電波の送信元が31日午前9時、東京タワーから東京スカイツリーへ切り替わった。

東京タワーは今後、エフエム東京や放送大学の電波を送信するほか、スカイツリーのバックアップの役割を担うことになる。

午前8時59分頃、各局の番組内で完全移行することを伝えるテロップを出し、9時の切り替え後、これまでの受信確認テストなどへの視聴者の協力に謝意を表した。切り替え後、午前10時までに東京スカイツリー受信相談コールセンターへ寄せられた問い合わせのうち、787件が対策が必要なものだった。

関東のテレビ電波完全移行、タワーからツリーへ : ニュース : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

東京スカイツリーは展望台ではありません。電波塔です。天望デッキなどはオマケです。

スカイツリー開業後、各テレビ局は試験電波を送信するなど試験を重ねてきました。

関東圏在住の方ならかなりの人が見たことがあると思いますが、一時的にスカイツリーからの送信に切り替える試験を何度も繰り返してきました。試験的にスカイツリーからの送信に切り替わった時、テレビの放送内容にその旨の表示が出ていたのを覚えています。新聞のテレビ欄にも、スカイツリーからの送信の時間帯だけ色が塗ってあったりしました。

いきなり切り替えて、受信障害などが発生したら大変ですからね。

とはいえ、この試験送信で色々予想外の不具合があったようで、本来の予定であった一月からの本送信がここまでずれ込んだ訳です。

かなり対策工事が行われたようです。

つい最近、テレビの地上波がデジタル方式に完全移行しましたが、東京スカイツリーからの送信というのも、地デジと関連があります。

切り替えは実施されましたが、やはり受信障害が起きているようです。

NHKと在京民放キー局5社の関東地方のテレビ電波の送信元が31日午前9時に東京タワーから東京スカイツリーへ切り替わった後、受信障害などにより東京スカイツリー受信相談コールセンターへ寄せられた問い合わせは、同日午後10時までに1万7792件に上った。

うち7664件は対策が必要とされる。

コールセンター(0570・01・5150)は切り替え後も当面、受信障害などの相談を受け付ける。対策に要する工事費等は放送事業者側が負担する。
(2013年5月31日23時23分 読売新聞)

スカイツリー送信移行、7664件が対策必要 : ニュース : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

結構な数ですね。まあ、7664件の工事というのは、これまで地デジやスカイツリーへの移行に投じられた金額からすれば大したことは無い金額です。もっと増えるかも知れませんが…

とはいえ、「テレビは映ればいい」と思っている人にとっては迷惑な話です。地デジも、視聴者本位の事業ではなく、電波帯域の再編などが絡んだ事業です。勿論、長い目で見れば多くの人が間接的に利益を享受できることは承知しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]