解決?: 農薬混入、契約社員の男逮捕へ…服にマラチオン

昨年末(2013年)に発生した、マルハニチロの冷凍食品への農薬の混入事件ですが、犯人が逮捕されたようです。

食品大手「マルハニチロホールディングス」の子会社「アクリフーズ」群馬工場(群馬県大泉町)で製造された冷凍食品に農薬マラチオンが混入されていた事件で、群馬県警は25日、同工場契約社員の40歳代後半の男について、偽計業務妨害容疑で逮捕する方針を固めた。

捜査関係者によると、男が工場で着ていた衣服からマラチオンが検出されたという。男は今月14日から行方が分からなくなっていたが、24日に埼玉県内でみつかった。

県警はこれまで、商品に印字されている2時間単位の製造時間帯を手がかりに、マラチオンが検出された冷凍食品9点の製造に関わった従業員数十人を特定。さらに、〈1〉マラチオンは加熱すると分解する性質がある〈2〉検出された商品に異臭が残っていた。このため、県警では、食品を加熱処理する加工工程ではなく、包装の直前で混入された可能性が高いとみて、複数の従業員に絞り込み、男を特定した。(2014年1月25日14時31分 読売新聞)

農薬混入、契約社員の男逮捕へ…服にマラチオン : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

遅すぎ: 工場全従業員から聞き取りへ=農薬の混入経路解明―マルハニチロなど

冷凍食品に農薬が混入していたマルハニチロですが、4日にようやく従業員への聞き取り調査を開始するそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140103-00000057-jij-soci

食品大手マルハニチロホールディングスの子会社「アクリフーズ」の群馬工場(群馬県大泉町)が製造した冷凍食品から農薬が検出された問題で、両社は3日、混入経路の解明と再発防止のため、工場の全従業員を対象に業務内容や職場環境に関する聞き取り調査を4日から開始すると発表した。

両社によると、群馬工場の従業員は約300人。冷凍食品は5ラインで製造されており、農薬が検出されたピザ、コロッケ、フライはそれぞれ独立したラインで製造されていた。

これら3ラインはいずれも部屋自体が独立しており、それぞれの担当従業員以外が入室することはなかったが、包装は別の一つの部屋で行っていたという。

群馬県警は何者かが意図的に農薬を混入した可能性があるとみて捜査している。(2014/01/03-16:24)

時事ドットコム:工場全従業員から聞き取りへ=農薬の混入経路解明-マルハニチロなど

苦情が寄せられてから1か月以上も経っているのです。対応が遅すぎるのではないでしょうか?

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]