こんにゃくゼリーを喉に詰まらせる事故

こんにゃくゼリーを喉に詰まらせた男児が死亡したそうです。

こんにゃくゼリーで男児死亡 国民生活センター注意喚起(朝日新聞) – goo ニュース/a>

Yahoo!ニュース – 時事通信 – こんにゃくゼリーで2児が窒息死=事故多発、国民生活センターが注意

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070523-00000132-jij-soci

かなり昔、この手の事故が多発しました。

スポンサーリンク

最近この手のニュースが出ていなかったので、すっかり忘れていました。事故は、忘れた頃に再発するものなのですね。当然のことながら、実感しました。

昔購入したこんにゃくゼリーには、確かに注意書きがありました。対策は進んでいると思ったのですが。

ダイエット実践者の強い見方であるこんにゃくゼリー。喉に詰まらせないよう十分注意してください。

ちなみに、私は、この手のゼリーの甘味料が気になります(気にしすぎ?)。できれば炭水化物ゼロを目指して頂きたいものです。

さらに付け加えると、通常のゼラチンゼリーに含まれる炭水化物は、おそらく甘味料である砂糖によるものだと思われます。ゼラチンそのものは、炭水化物0且つ高蛋白質の、炭水化物ダイエット向けの食材です。通常のゼラチンをベースとし、カロリー(糖分)0の甘味料を用いたゼリーがベストではないかと考えています。

蒟蒻(こんにゃく)自体は、製粉の状態では炭水化物含有量は非常に高いですが、蒟蒻(こんにゃく)にすると、殆んどが水分となり、炭水化物含有量は5%未満となります(→食品成分表)。

参考リンク

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*