ADSL解約後のレンタルモデム返送は元払い

先月、Yahoo!BB ADSL8Mプランを解約してフレッツ光に移行しました。

ADSLのモデムはレンタルなので、解約後は返却しなければなりません。分割払い等で買い取った場合は返却の必要はないとは思いますが。

「解約後速やかに返却してください」だそうです。返却しないと違約金を取られるようです。

勿論返却します。

モデムがレンタルであることは最初から分かっていたことなので、解約時は当然返却の必要があることも分かっていました。ですので、ソフトバンクから送られてきたADSLモデムの箱は保存しておいたのです。

こういう箱を直ぐに捨てる人が居るようです。それはそれで理解できないわけではありません。ですが、私の場合は今は必要がなくても必要になる可能性があると考えてとっておくことが多いのです。勿論、収納場所に困ることもあり、そういう場合は使う可能性の低いものを捨てることになります。ですが、今回は、間違いなく必要になると分かっていて置き場所もなんとかなったので、とっておいたのです。

と、いっても、本棚の上に放置していただけなのですが…(東日本大震災の時、しっかり落下してました。)

元の箱があったおかげで、返却用の箱などを用意する手間はありませんでした。

その箱の中には使っていないケーブル類が入っていました。そのケーブル類も返送の対象だとのことです。

スポンサーリンク

返送代は、解約者側の負担です。私はヤマト運輸で返送したので、560円かかりました。

解約手続きの返送葉書はソフトバンク持ちだったのに、モデム等の送料がかかるものは利用者持ちということです。

ケチ臭いような気もしますが、これは仕方ないことだと思います。

と言うのは、客が必ずしも善良とは限らないからです。非常に多くの人が利用しているサービスですから、時には通常では考えられないようなことをする人も現れることが想定されるからです(本当は「お客様は神様です」が普通に信じられれば良いのでしょうが)。

たとえば、私のように返却用に元の箱を取って置くような人はむしろ少数派と思われます。となれば、返送用の箱は解約者が自由に選べることになります。といいますか、「この形状の箱で返却ください」などとまでは言えないと思います。そうなると、悪意を持って解約した人は極端に大きな箱に極端に重い詰め物などをして返却するかも知れません。これが返送料ソフトバンク持ちだったら大変なことになります。

つまり、非常にソフトバンク側に贔屓目に見て、モデム返却時の送料が解約者持ちなのは、いたずら嫌がらせ防止だと考えられます。

葉書の場合は料金は決まっていますから、上記のような心配はありません。従って、葉書はソフトバンク持ちとなるわけです。

なんだか損した気分ではありますが、仕方ありませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*