アマゾンフレッシュ: Amazonの生鮮食料品販売サービス

これまではAmazonの食料品の取扱いは保存できる食料品に限られていましたが、アメリカでは生鮮食料品販売を始めたそうです。

米アマゾン・ドット・コム、生鮮食品販売を試験的に開始(ロイター) – goo ニュース

スポンサーリンク

生鮮食料品の宅配サービスは昔からあります。長期契約で、定期的に配達するなどの形式が多いように思います。生鮮食料品は、保存などの問題があり在庫を置くことができないため、Amazonのようなサービスでは難しいと思っていたのですが…

どういった仕組みで生鮮食料品を取り扱うのでしょうか? 注文を受けたら井市場で買い付け、それを配送するのでしょうか? これでは効率が悪すぎます。

Amazonは規模が大きいのである程度需要安定しており、需要が読めるのかも知れません。一定量を仕入れ、それを配達するようにしているのではないでしょうか? それとも、楽天市場のような感じで、それぞれの専門店が対応するのでしょうか? そういえば、現在もAmazonはマーケットプレイスなどを展開しています。

試験サービスとのことですし、日本で同様のことが行われるようになるのはまだ先でしょう。が、実現されれば、面白いことが出来そうです。アソシエイトプログラムでも紹介可能であれば、例えば、ダイエットレシピの紹介とともに材料を販売することが可能です。

ですが、現状の「ヘルス&ビューティー」カテゴリの品揃えもちょっとイマイチですし、結構人気のありそうな商品が在庫なしとなっていて、紹介する立場としては、かなり歯がゆい思いをしています。

Amazonは、本の取り扱い商品数はかなりのものですが、最近増えてきたとはいえ、家電製品や食料品などはイマイチですね。当方の場合は、他のASP(健康関連専門ASP)と組み合わせたほうが良さそうです。楽天市場やYahooショッピングなどでも、ある程度なま物を扱っています。Amazonの品揃えがどのようになるのかが気になる所です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*