真似しないで…: 口内炎の薬に痩身効果? ネズミで確認、年内にも治験へ

口内炎の治療薬として使用されている化学物質が、痩身にも効果があるかもしれないという研究結果が発表されました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130211-35028071-cnn-int

CNN) 口内炎の治療に使われる薬をネズミに投与したところ、肥満ネズミが痩せる効果が確認されたとして、米ミシガン大学の研究チームは10日、医学誌ネイチャーメディシンに研究結果を発表した。ネズミたちは食べる量を減らしたり運動量を増やしたりしなくても体重が減ったという。

研究チームは年内に臨床試験に踏み切る方針で、人間にも効果が表れる可能性は高いと期待を示している。

実験では、脂肪分の高い餌を与えて肥満状態にしたネズミに対し、口内炎の治療薬として米国で15年以上前から市販されているアンレキサノクスを投与した。

その結果、ネズミたちは高カロリーの餌を食べ続けているにもかかわらず体重が減り、アンレキサノクスの投与をやめると再び元の体重に戻った。

研究チームは複数の医薬品について調べた結果、代謝をコントロールする遺伝子に対してアンレキサノクスが作用することを発見。ネズミに投与すると、食欲を抑えることなく代謝を上げる効果があることが分かったとしている。

スポンサーリンク

ルイジアナ大学で肥満などについて研究しているジョージ・ブレイ医師は、肥満を抑制するための新薬の開発につながる可能性があると期待を示す。

ブレイ氏は、性機能改善薬「バイアグラ」の開発史と似ていると指摘。ブレイ氏によれば、バイアグラは当初、胸の痛みを治療するために研究・開発が進められていたが、後に偶然、性機能を改善する効果が発見されたという。

臨床試験の結果、もし人間にも痩身効果があることが確認された場合でも、例えば心臓などほかの部分に思わぬ副作用が出る可能性もあることから、安全性の検証が不可欠となる。

また、アンレキサノクスを使い続けない限り体重が元に戻ってしまう可能性が高いことを懸念する声もある。

CNN.co.jp : 口内炎の薬に痩身効果? ネズミで確認、年内にも治験へ

これは面白いですね。

だからといって、今売られている口内炎の薬を飲むのは絶対にやめてください。記事の通り、人間で効果があるのかも不明ですし、思わぬ副作用があるかもしれません。

とはいえ、今後の研究には期待したいと思います。これが本当であれば、確かに新しい痩身薬の開発につながると思います。

薬を飲み続けなければ痩せた状態を維持できないとありますが、これも使い方で有益になると思います。

たとえば、こんな感じです。

重度の肥満の人は、運動するにもリスクが伴います。ちょっと外出して早歩きを長時間しただけで膝を痛めたりする可能性があります。

そういう人に、この手の薬を投与して、体重を落とします。そうすれば、運動しやすくなるでしょう。

運動しやすくなったら、運動を積極的に取り入れ、筋肉を鍛えます。そうすれば、基礎代謝も上がるので、太りにくくなるわけです、薬の量を減らしたりやめたりしても大丈夫になる可能性はあります。

今後の展開に期待します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*