スティーブは…: アップルが特許訴訟で勝利、サムスンに825億円支払い命令

スマートフォン関連の特許の訴訟で、アップルがサムスンに勝利したようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120825-00000014-reut-bus_all

[サンノゼ(米カリフォルニア州) 24日 ロイター] スマートフォン(多機能携帯電話)などの特許侵害をめぐり米カリフォルニア州連邦地裁で争われていた米アップル<AAPL.O>と韓国サムスン電子<005930.KS>の訴訟は24日、陪審団の評決が発表され、アップルが勝訴した。

陪審団はアップルの一部の特許が侵害されたと判断し、10億5100万ドルの損害を認定した。

評議ではアップルの特許7件、サムスンの特許5件について検討されたが、開始から3日足らずで評決に達したことから、陪審員9人はほぼ問題なく結論に至ったとみられている。

サンタクララ法科大学院のブライアン・ラブ教授は、評決はアップルにとって大勝利と指摘。「アップルが期待したと考えられるベストシナリオ」と述べた。

スポンサーリンク

陪審団はサムスンがアップルの特許7件のうち、スクロール・マルチタッチやズーム・ナビゲートなど6件をサムスン電子が侵害したと判断した一方、アップルがサムスンの特許を侵害しているとするサムスンの訴えは退けた。また、アップルの特許の正当性を支持し、一部のアップルの特許についてはサムスンが意図的に侵害したと認定した。「意図的」侵害が認定されたため、判事が最終的に下す損害賠償額が3倍に膨らむ可能性がある。

アップルの弁護士は評決の発表後、サムスン電子の一部製品の販売差し止めを今後7日以内に申請する計画を明らかにし、判事は販売差し止めに関する審問日を9月20日に設定した。

アップルが特許訴訟で勝利、サムスンに825億円支払い命令 | Reuters

アップル社の創業者でありiPhoneなど一連の商品の開発に尽力した故スティーブ・ジョブズがこの判決を聞いたら何と言ったでしょう。

晩年、彼はGoogleのAndroidを見て「パクリだ」と激怒し、「ぶっ潰す」と言ったと聞いています。

Appleは、そういう方向に進むのでしょうか? それともそれなりの落とし処を探すかも知れません。

ただ、スマートフォンの操作感は故スティーブ・ジョブズの発明に依るものが非常に大きいと考えられます。実際の特許広報には未だ目を通していませんが、300ページほどあるその特許公報には、ユーザーの操作に対する反応などが細かく定義記載されているそうです。特許を回避するには、全く別の操作方法を考えなければならないと思います。

アップルの勝利は、特許侵害が認定されたサムスン電子の製品に使われている基本ソフト(OS)「アンドロイド」を開発した米グーグル<GOOG.O>にとって大きな打撃となる。

故スティーブ・ジョブズが激怒したのは、Googleに対してですから…

Appleとsamsungの話しばかり出てきますが、日本は蚊帳の外ですね。個人的には、日本勢にももう少しがんばってもらいたいと思います。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*