廃棄カツ横流し事件

熊本の地震があり、もう忘れ去られているような感じではありますが、2016年の重大事件の一つに「廃棄カツ横流し事件」が挙げられると思います。

忘れないようにと思いました。

大手カレーチェーンCoCo壱番屋から冷凍カツの廃棄の依頼を受けた産業廃棄物処理業者「ダイコー」が、こともあろうか、他の食品関連業者に製品として横流ししていたというのです。スーパーマーケットや総菜屋や弁当屋さんの商品に使われてしまいました。

これには、二つよろしくないことがあります。

スポンサーリンク

一つは、食品として販売するのは不適切なものを食品として販売したことです。CoCo壱番屋は商品として問題(衛生上の)があるから廃棄を依頼した訳ですから、これは拙いですね。

もう一つは、廃棄を依頼されていたのに、それを実行しなかったということです。CoCo壱番屋の依頼を実行しなかった訳ですから、契約違反ではないでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*