同じ穴の狢: 美少年酒造:米の不正取引で裏金、社長「経営難から」

汚染米不正転売事件で世間を騒がせた三笠フーズ。その被害企業に美少年酒造がありました。

しかし、ここに来て、美少年酒造と三笠フーズが不正な取引をして裏金を作っていたことが判明しました。

三笠フーズ(大阪市)による事故米不正転売事件で被害企業となった熊本県城南町の美少年酒造(緒方直明社長)は3月31日、記者会見し、不透明な米取引をして裏金作りをしていたことを明らかにした。仕入れた1等米の一部を三笠フーズの関連会社、辰之巳(東京都中央区)に精米に出し、同社からは精米した3等米を受け取っていた。差額分は、辰之巳の社長だった三笠フーズ社長、冬木三男被告が美少年酒造を訪れ直接手渡していたという。

スポンサーリンク

会見によると、緒方社長が就任した87年から07年まで、冬木被告から年間約150万円提供を受けていた。ただ、こうした差額分の提供は82年以前からもあったという。裏金は200万円を超えた年もあった。これらの金は帳簿には付けていなかったという。

美少年酒造:米の不正取引で裏金、社長「経営難から」 – 毎日jp(毎日新聞)

許せませんね。

美少年酒造を被害企業と見て同情していた人々にとっては、裏切られたという気持ちがあるのではないでしょうか。

こういうのを、「同じ穴の狢(むじな)」というのでしょうか。

追記: 結局、美少年酒造は、民事再生法適用を申請し受理されました(倒産したということです)。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


“同じ穴の狢: 美少年酒造:米の不正取引で裏金、社長「経営難から」” への1件のコメント

  1. 熊本人 より:

    SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    良識ある熊本県民は確信犯であると疑っていた。 裏金まで貰っているとは思いませんでしたが。
    信頼出来る筋からの情報によると、自主回収した酒の一部は某広告代理店の○○を通じて転売され(○○から話を持ちかけた模様)マスコミ関係者等に売り捌かれた。美少年側からの見返り(広告・キャンペーン等)があったかどうかは不明だが、もし、あったにせよ、もはや民事再生の身、売掛金の回収は不可能だろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*