野菜の産地偽装: ゴボウ産地偽装、元社長を逮捕=中国産を「茨城産」-福島県警

中国産の牛蒡を国産と偽ったという話がありました。

福島県警南相馬署は12日、同県南相馬市原町区の食品加工販売業「原町パッケージセンター」元社長、島秀正容疑者(54)=浜松市北区三方原町=を不正競争防止法違反容疑で逮捕した。

スポンサーリンク

逮捕容疑は昨年3月中旬~11月上旬、中国産ゴボウを使った「切ゴボウ」(1袋160グラム)などの商品を、「茨城県産」や「青森県産」と偽って表示し、同県や宮城県のスーパー計12店に対し、計460回、8720袋を販売したとされる。

同署によると、島容疑者は「国産と味は変わらないので問題ないと思った」と容疑を認めているといい、同署は詐欺容疑も視野に捜査している。

ゴボウ偽装:元会社社長を逮捕 中国産を国内産と表示 – 毎日jp(毎日新聞)

牛蒡の加工品ですか…

「国産と味は変わらないので問題ないと思った」とは、ずいぶん安易な発想ですね。

同県が昨年11月、同社を立ち入り調査し偽装が判明。島社長はこれまでの取材に対し「約1億円の負債があり、コストを抑えたかった。偽装は06年9月からしていた」などと話していた。

また財務が理由ですか…

汚染米の三笠フーズや浅井、それに美少年酒造も、財務に問題があったり裏金作りのために不正な取引を働きました。

姉妹サイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*