花粉症対策が仇に: 西洋フキ食品、肝障害の恐れ 摂取控え呼びかけ

花粉症の季節となりました。東京では花粉が飛び始めたそうですね。

花粉症の人は藁にもすがる気持ちで色々と花粉症対策法を試していると思います。

西洋フキ(Butterbur)というものが花粉症に良いと噂になっているようですが、西洋フキが原因で肝機能障害になることもあるそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120209-00000112-san-soci

花粉症対策などの健康食品に含まれる西洋フキ(バターバー)について厚生労働省は8日、肝障害を起こす疑いがあるとして摂取を控えるよう注意を呼びかけた。西洋フキとの関連が疑われる肝障害が報告されたとして、英国で製品の自主回収が行われたことを踏まえた。国内での健康被害は報告されていないが、近く事業者に対し、当面販売を中止するよう指導する。

スポンサーリンク

西洋フキは、日本国内で自生するフキとは別種の植物。ヨーロッパではハーブとして扱われ、花粉症や片頭痛などに効果があるとされるものの、英国では医薬品として未承認。

日本では規制はなく、主に花粉症対策の健康食品として販売されている。厚労省によると、食品衛生法に基づき平成23年に事業者から輸入の届け出があった西洋フキは、抽出液と粉末で計115キロ。個人輸入分は含まれていない。

厚労省などによると、英国医薬品庁が1月、西洋フキを含む製品の摂取で、肝障害が報告された事例があるとして消費者に使用を中止するよう注意喚起。その後、事業者に自主回収を依頼していた。

「花粉症向け食品に含有、西洋フキに肝障害の恐れ 厚労省が注意喚起」:イザ!

藁にもすがる気持ちで試した西洋フキが、実は健康を害するものだったとは、本末転倒です。

「いや、とにかくこの辛さから逃れたい」という人もいらっしゃるかも知れませんが、他の方法を試した方が良いです。

他にも探せば色々あるのですから、健康を害するような方法を取る必要は無いと思います。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*