補給を: <カルシウム>女性の99%超が不足 やせ傾向、朝食抜く人ほど

「日本人女性はカルシウム不足」、以前から言われてきたことではありますが、改めて日本人女性のカルシウム摂取不足が指摘されました。

骨の健康に不可欠なカルシウムについて、必要摂取量を満たしている女性は1%に満たないことが、ダノン健康・栄養普及協会(東京都目黒区)の調査で分かった。カルシウムは、過不足の結果がすぐに表れないことから「沈黙のミネラル」と呼ばれ、摂取量不足が問題になっている。

スポンサーリンク

調査は今年3月、20~50歳代の女性を対象にインターネットで実施し、722人が回答した。カルシウムを「適度にとっている」「とりすぎ」と感じている人は計36・5%いたが、実際の食生活から摂取状況を推定するチェック表を使って自己診断してもらったところ、「足りている」は0・8%で、「少し足りない」を含めても5%未満だった。

カルシウム不足:女性の99%超 やせ傾向、朝食抜く人ほど不足--民間機関調査 – 毎日jp(毎日新聞)

この調査方法については、どの程度信憑性があるのかは不明ですが、以前からカルシウム不足のことは言われていたので、納得できる結果かも知れません。

しかしながら、酷い結果ですね。本当に日本は大丈夫なのでしょうか?

女性のカルシウム摂取量(18歳以上で1日600~700ミリグラム)について77・1%が「分からない」と答え、正解率は8・7%だった。

あらあら、かなり酷いですね。とはいえ、私も突然質問されたら答えられないかも知れないので、正解できなかった人を責めるつもりはありません。こういうのは、覚えているつもりでも意外とわすれてしまうものですね。日頃から関心をもっていないと…

ライフスタイルとの関連を分析したところ、やせ傾向の人に不足が目立ち、朝食を抜いたり夕食を外食で済ませることが多い人ほど不足していた。

減量痩身のために無理な食餌制限を行い、結果栄養不足になるというのは、良く聞く話です。「ダイエット」という言葉に踊らされている女性達なんかはそうかも知れません。

若い頃から十分にカルシウムを摂取しておかないと、年をとってから、骨粗鬆症になる可能性が高いと言われています。

積極的にカルシウムを摂取すべきですね。

カルシウムを豊富に含む食材

カルシウムといえば、すぐに思いつくのが「骨」ですね。魚の骨を連想します。でも、骨ごと食べないと意味がありません。煮干を丸ごと食べるようなことをしないといけませんね。鯖の水煮のように、骨も丸ごと食べられるようなものもあります。

とはいえ、魚の骨のようなカルシウムは吸収率が悪いとも言われています。大目に摂取しないといけません。

他には、乳製品も思いつくでしょう。牛乳そのものや、チーズは結構良いカルシウム源だと思います。魚の骨などに比べて吸収率が良いといわれています。

サプリメント

魚が嫌いと言う方や、乳製品アレルギーで乳製品を摂取できないと言う方は、サプリメントと言う手もあります。

また、最近流行りのSOYJOYには、カルシウムを強化したバナナ味も発売されています。

こういったものを利用するのも手かも知れません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*