本当?: 過食でカロリー消費低下=飢餓に備え蓄積か―肥満メカニズム解明・東北大

肥満の原因は過食だといわれていますが、過食でエネルギー消費が抑えられることが本当の原因であるとする研究結果が発表されました。

高カロリーの食事をすると、脳が基礎代謝を担う「褐色脂肪」の働きを低下させ、肥満を引き起こすことを、東北大大学院医学系研究科の山田哲也准教授らの研究グループがマウスの実験で解明した。メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防や治療法の開発につながると期待される。論文は4日付米科学誌「セル・メタボリズム」に掲載された。

山田准教授は「飢餓に備え、過剰摂取したカロリーを蓄積する仕組みが残っているのでは」と説明。体に備わった栄養備蓄の仕組みが明らかになるのは世界初という。 

スポンサーリンク

グループは、肝臓内で糖の代謝を高める酵素「グルコキナーゼ」の働きに着目。糖分や脂肪の多い餌をマウスに与え、グルコキナーゼが増えると、脳が交感神経の働きを抑制し、褐色脂肪のカロリー消費を下げていた。一方、肝臓から脳につながる神経を切断して高カロリー食を与えたところ、褐色脂肪の活動に変化は起きなかった。

また、太りやすい種類のマウスでグルコキナーゼの上昇を人為的に抑えると、カロリー消費量が上がり、太りにくいマウスで過剰に上昇させるとカロリー消費量が低下。備蓄システムの働きが、太りやすさの違いにつながることが分かった。

時事ドットコム:過食でカロリー消費低下=飢餓に備え蓄積か-肥満メカニズム解明・東北大

一般的に言われている「食べ過ぎると太る」というのは、エネルギー摂取が消費に対して過多になり肥満になるという認識ですね。

実はそういうことよりも、エネルギーの蓄積を多くする特性があったということらしいです。

最近は、良く「飢餓遺伝子」といわれていますが、今回の研究はまさにそのメカニズムを研究したと言ってもよいのでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*