柑橘類が…: 花粉症:北山特産「じゃばら」果汁が症状に効果!岐阜大医学部の研究で実証 /和歌山

この季節になると、花粉症で憂鬱になる人も多いかと思います。

そんな方々にとっては朗報でしょうか。柑橘類の「じゃばら」の果汁が症状に効果があるとの研究結果が発表されたそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090310-00000134-mailo-l30

北山村特産のかんきつ類「じゃばら」の果汁が、花粉症を含むアレルギー性鼻炎の症状改善に効果があることが、岐阜大医学部の研究で分かった。村は花粉症に悩む1000人を対象に、インターネットで試飲モニターを募ったところ、約4700人の応募者が殺到した。

スポンサーリンク

湊口信也教授らの研究チームが、村の委託(委託料年約100万円)を受け、医学部付属病院に通う花粉症の男性9人、女性6人(29~59歳)の計15人に臨床試験を実施。医学部倫理委員会の承諾と、被験者の了解を得て、05年にじゃばら果汁を朝夕2回、計1日10ミリリットルを2~4週間継続して飲んでもらった。

その結果、飲用前に比べ、鼻づまりや目のかゆみなどが軽減、改善した。また、集中力やイライラ感、作業能率の低下などの改善にも有効だったという。研究チームは昨年9月、学会誌「臨床免疫・アレルギー科」で「スギ花粉症の症状とQOL(生活の質)に対するじゃばら果汁の効果」として発表した。

どうなんでしょうか。被験者が15人というのがちょっと引っかかるのですが、効果があるのであれば、これは花粉症患者にとっては朗報かもしれません。

これまで、甜茶が花粉症に良いというのがありましたが、新たな選択肢が出てきたということでしょうか。

追記: じゃばらとは邪を払うということから来たといわれているそうです。邪を払う… いいじゃないですか。花粉症の人にとって花粉症はまさに邪そのものでしょう。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*