時代の流れ?: 米の「炭酸飲料離れ」鮮明=消費、8年連続減―業界紙

ジャンクフード店でビッグサイズのコーラが普通に注文される肥満大国アメリカでも、炭酸飲料離れが進んでいるようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130326-00000030-jij-n_ame

【ニューヨーク時事】2012年の米国の炭酸飲料の消費が前年比1.2%減と、8年連続の減少となったことが25日、米業界紙ビバレッジ・ダイジェストのまとめで明らかになった。炭酸飲料をめぐっては、ニューヨーク市が肥満の一因として販売規制を計画。今月に入り規制を認めない判決が出されたが、健康志向の高まりもあり、全米規模での「炭酸離れ」が鮮明となった。

時事ドットコム:米の「炭酸飲料離れ」鮮明=消費、8年連続減-業界紙

スポンサーリンク

8年連続で減少ですか…

このままこの傾向が続くのでしょうか?

さすがのアメリカ人も、「これは拙い」と気が付いたのでしょうか?

それとも、他の飲料水に押されているだけなのでしょうか?

販売規制の一件は、一般市民に炭酸飲料が不健康であることを周知させたという意味で効果があったかも知れません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*