ついに?: “無法地帯”FC2に情報開示命令 民訴法改正後初の事例か

私も使用しておりますFC2。自由なイメージの裏にアングラなイメージも付きまとうFC2です。そのFC2にも、法の網がかけられようとしています。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130220-00000056-it_nlab-sci

弁護士法人港国際グループは2月20日、FC2ブログ・FC2動画などを運営する米FC2.Inc社(以下、FC2)に対し、ブログ投稿者の情報開示を求める仮処分命令が下ったと発表した。FC2側はすでに当該ブログの情報開示に応じている。

スポンサーリンク

FC2は会社がラスベガスにあり、日本国内での管轄が認められないため、これまでは国内から裁判を起こすことができなかった。しかし、2012年の民事訴訟法改正で「日本で事業を展開しながら支店を有していない場合、国際管轄を認める」との規定が追加されており、今回はこの規定が適用された「知るかぎりではおそらく初の事例」(弁護士法人港国際グループ 最所弁護士)とのこと。

上記のような理由(国内から裁判を起こしにくい)から、違法アップロードなどの温床となりやすく、一部には「無法地帯」と呼ぶ声もあったFC2だが、裁判を起こす手順が確立された以上、今後は「FC2だからセーフ」とは行かなくなりそうだ。

“無法地帯”FC2に情報開示命令 民訴法改正後初の事例か – ねとらぼ

「FC2」は「無法地帯」と言われているのはよく知っています。日本国内法の及ばないアメリカに拠点を置いており、その「無法地帯」っぷりは、有名です。

ただ、本当に無法地帯かというと決してそうでは無いとも思います。ユーザーからの苦情で悪質ユーザーのアカウントが削除されることはよくあることです。勿論他の業者はもっとやっているかもしれませんが…

まあ、私やほとんどの人は、FC2が安定した経営状態であってくれればそれでよいのだと思います。FC2が日本国内法の及ぶ範囲となって、「無法地帯」に法的な影響が出てきても、私には直接は関係ありません。

それに、今、私のサイトは独自ドメインに移行中です。万が一FC2が営業を止めても、他のレンタルサーバー業者に乗り換えることができるようになりました。

FC2に限らず、どんなサーバー業者でも、サービスを終了することはあり得ます。無料ブログ等を使用している人はあきらめるしかないかも知れません。規約もそのようになっていると思います。

まあ、今回の件は、そんなに大騒ぎする程のことではないでしょう。弁護士法人の宣伝でしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*