ブーム再来?: DHAがアルツハイマー抑制…京大iPS研究所

血液サラサラとか頭が良くなるとか言われ、一時期持て囃されたドコサヘキサエン酸(Docosahexaenoic acid, DHA)ですが、京都大学iPS研究所の研究で、アルツハイマー型痴呆症の抑制効果があることが分かったそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130222-00000092-yom-sci

認知症の中で最も多いアルツハイマー病患者から作製したiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使って、青魚などに多く含まれる「ドコサヘキサエン酸(DHA)」が同病の発症予防に役立つ可能性があることを確認したと、京都大iPS細胞研究所の井上治久准教授らのチームが発表した。

イワシなどの青魚を食事でとることとの関係はこの研究では不明だが、新薬の開発などにつながる成果。22日付の米科学誌セル・ステムセルに掲載される。

スポンサーリンク

アルツハイマー病患者の脳内では、Aβ(アミロイドベータ)と呼ばれるたんぱく質の「ゴミ」が過剰に蓄積することで、「細胞内ストレス」という有害な現象が起きて神経細胞が死滅し、記憶障害などを引き起こすことが知られている。

研究チームは、50代~70代の男女の患者計4人の皮膚からiPS細胞を作製。それを神経細胞に変化させ、Aβが細胞内外に過剰に蓄積した病態を再現した。

このうち、細胞内にAβが蓄積した2人の細胞に低濃度のDHAを投与した場合と、投与しなかった場合とで、2週間後に死滅した細胞の割合をそれぞれ比較。その結果、DHA投与の場合、細胞死の割合は15%で、投与しなかった場合は2倍以上の32%だった。

DHAがアルツハイマー抑制…京大iPS研究所 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

頭が良くなるなどと言われもてはやされたDHAですが、最近はどちらかというと血液サラサラの方で知られています。中性脂肪等の抑制については効果が認められており、特定保健用食品も販売が認められています。

ですが、頭が良くなるということについては根拠が明確ではありませんでした。

今回の研究では、頭が良くなる訳ではありませんが、頭が悪くなり難いということが分かったので、頭に良いというのは正解だったことになりますね。

ただ、青魚等の食品やサプリメント等でその効果があるのかは不明とのことですので、諸手を上げて喜ぶのは早計でしょう。

とはいえ、水産会社にとっては朗報ですね。

DHAブームが再来するかも知れません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*