またも: 大手メーカー製の粉ミルクから強い発がん性のカビ毒「アフラトキシンM1」―湖南省

またも中国製粉ミルクから有害物質がみつかったそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120724-00000003-rcdc-cn

2012年7月23日、中国湖南省の大手乳業メーカー・湖南亜華乳業などが生産した「南山倍慧」ブランドの赤ちゃん用粉ミルクから、強い発がん性を持つカビ毒「アフラトキシンM1」が検出された。第一財経日報が伝えた。

広東省広州市の工商行政管理局が、市場に出回っている乳製品を対象に実施した第2四半期第2回目の調査結果で明らかになった。それによると、5ロット(製品単位)分の「南山倍慧」からアフラトキシンM1を検出。うち4ロットは湖南長沙亜華乳業有限公司が、1ロットは湖南亜華乳業控股有限公司が製造したものだった。

スポンサーリンク

湖南亜華乳業控股有限公司は、「現在、事実関係を確認中。23日から商品の全面回収を実施する」としている。同社は中国政府系の複合企業、中信集団(CITIC)の子会社、シティック・キャピタル・ホールディングス(中信資本)が100%株式を保有。

中国では昨年末にも、大手乳業メーカー「蒙牛乳業」(内モンゴル自治区)の四川工場で製造された紙パックの牛乳からアフラトキシンM1が検出されたばかり。(翻訳・編集/NN)

レコードチャイナ:大手メーカー製の粉ミルクから強い発がん性のカビ毒「アフラトキシンM1」―湖南省

相変わらずこういう話題が目に付いてしまいます。

勿論日本でも同様の事件は起きていますが、なぜか中国のほうが酷いように感じます。

私の偏見によるものなのでしょうか?

決してそうではないと思います。

そもそも、日本では考えられないようなことが頻繁に報道されていますし。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*