今年も…: O157で100歳代女性死亡=10施設90人超に症状―北海道

腸管出血性大腸菌0-157:H7の集団感染が今年も発生しているようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120811-00000118-jij-soci

札幌市は11日、市内の高齢者施設に入所していた100歳代の女性が病原性大腸菌O(オー)157に感染し、死亡したと発表した。市によると、この施設を含め高齢者が入所する市内の5施設で、他に48人が下痢や発熱などの症状を訴え、うち36人が入院した。

スポンサーリンク

市によると、女性は下痢や血便のため8日に入院。11日に死亡した。

一方、北海道は同日、介護保険サービス事業所など札幌市以外の道内5カ所の高齢者施設で3日以降、計45人が腹痛や下痢の症状を訴えていると発表した。35人が入院し、苫小牧保健所が11日行った検査で、うち2人からO157が検出された。 

時事ドットコム:O157で100歳代女性死亡=10施設90人超に症状-北海道

O157による完成、中々無くなりませんね。

衛生管理の進歩はないのでしょうか?

それもりも、100歳台のおばあちゃんが亡くなったのが残念です。こんなことで…

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*