やはり危険?: カフェイン中毒で死亡 エナジードリンクや錠剤を多用

ここ数年、カフェイン入り飲料(正しくは、カフェインの過剰摂取)の危険性が指摘され始めています。

たとえば、アメリカではカフェインを大量に含んだエナジードリンクでの死亡例が報告されています。

これまで国内ではあまり話題になっていませんでしたが、ついに日本でも死亡例が報告されました。

九州に住む20代男性が昨年、カフェインを過剰に摂取し、中毒死していたことが分かった。解剖した福岡大法医学教室の久保真一教授が21日、記者会見で明らかにした。カフェインを含む清涼飲料水などを短時間にたくさん飲んだとみられ、久保教授は過剰摂取に注意を呼びかけている。

久保教授によると、男性は深夜勤務のある仕事に従事し、夜勤明けに自宅で吐き、その後亡くなった。死因・身元調査法に基づき解剖したところ、血液1ミリリットル中のカフェイン含有量は致死量に達する182マイクログラムで、胃からは粉々になったカフェインを含む錠剤も検出された。男性が服用したとみられる。

スポンサーリンク

男性に既往症はなかったが、亡くなる1年ほど前から眠気覚ましに、カフェインを含む「エナジードリンク」と呼ばれる飲料を飲むようになったと家族は教授に説明。3、4度吐いたことがあり、亡くなる1週間ほど前からは眠気で仕事に支障が出ていたとも話した。

久保教授は、こうした状況から、摂取した時期や量は分からないものの、男性がカフェインを含む飲料や錠剤を比較的短時間にたくさんとったことにより、急性カフェイン中毒で死亡したと結論づけた。10月に神戸市であった学会で発表したという。

カフェイン中毒で死亡 エナジードリンクや錠剤を多用:朝日新聞デジタル

カフェインの錠剤まで服用していたので、かなり極端な例だとは思いますが、カフェインの大量摂取は危険ですね。そもそも、致死量もわかっている毒物でもあります。

勿論、大抵の化学物質は致死量が分かっており、カフェインも少量であれば良い面もあります。

私も、朝に眠気覚ましにコーヒーを一杯飲みます。ですが、昼を過ぎたら飲まないようにしています。

あまり大量に長期間カフェインを摂取しすぎると、カフェイン耐性が出来てしまい、カフェインの効果が低くなります。また、慢性のカフェイン中毒もあり、カフェインによる幻覚もあるそうです。カフェインを長期にわたって大量摂取している人は、カフェイン摂取を止めると禁断症状が出るとも言われます。

また、低炭水化物ダイエットにおいては、カフェインがインスリンの効果を増幅させるのであまりよろしくないとされています。

姉妹サイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*