またですか…: フグ料理で店主死亡、客重体=調理免許なし―愛媛

ふぐ調理免許を持たない飲食店の店主がふぐ料理で死亡、客も重体だそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110108-00000101-jij-soci

愛媛県今治市の料理店で7日午後、フグ料理を食べた3人が食中毒症状を訴えて病院に運ばれ、店の経営者が死亡、男性客(66)が意識不明の重体となっていることが8日分かった。西条、今治両保健所はフグによる食中毒と断定し、詳しい状況を調べている。

スポンサーリンク

県薬務衛生課によると、死亡したのは同市桜井の料理店「味秀」経営長井秀人さん(63)で、フグ調理師の免許は持っていなかった。搬送された別の男性客(43)も入院中だが、命に別条はないという。

かねてより河豚による食中毒は発生しております。

「またですか」といいたくなるような話です。

法整備が中途半端な現状では、これからもこのような事故(?)は発生しつづけるでしょう。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*