フコイダン: メカブの粘り、インフル予防 理研ビタミン 武庫川女子大などと研究

メカブなどのヌルヌルの成分であるフコイダンがインフルエンザの予防に役立ちそうだという研究結果が公表されました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100818-00000011-jij-soci

理研ビタミンは18日までに、武庫川女子大などとの共同研究で、ワカメの一種であるメカブの粘り成分であるフコイダンが、季節性インフルエンザの感染予防に効果があることを確認したことを明らかにした。今月22日から神戸市内で開催される国際免疫学会議で発表する。同社によると、メカブフコイダンで、季節性インフルエンザ予防に対する有効性が確認されたのは世界で初めて。

「メカブの粘り、インフル予防 理研ビタミン 武庫川女子大などと研究」:イザ!

スポンサーリンク

フコイダンは、メカブやワカメ、コンブ等に含まれているそうです。

そういった海藻類を日頃から食している人は、日本では多いと思います。日本人には嬉しい話ですね。

今回研究に関係した理研ビタミンは、「ふえるわかめちゃん」や、「わかめスープ」で有名な会社です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*