GoogleAdSense 広告掲載位置でのクリック率の違い

これは、既出であり、色々な方が報告されているようですし、Google自体も広告掲載位置についてアドバイスをしているので、皆さんご存知とは思いますが、自分のサイト「炭水化物ダイエット」でも確認できたため、一応掲載します。

GoogleAdSenseの広告の掲載位置で、クリック率がかなり異なるという話です。

スポンサーリンク

炭水化物ダイエット」のトップページでは、つい昨日まで、ビッグバナー(728×90)をナビゲーションの真下に、右側サイドバーにスカイスクレイパー(120×600)を、コンテンツの最後の部分にレクタングル大(336×280)を貼り付けています(いました)。

同じページに貼り付けられているので、表示回数はほぼ(表示されずにウインドウを閉じられる確率もわずかにあるので、全く同一と言う訳ではないのですが)同一です。

実際のクリック率を見ますと、


コンテンツ最後>ナビゲーション真下>右サイドバー

比率としては

3~4:2:1

となりました。掲載される広告の数は、右側サイドバーが一番多く掲載される確率が高いのですが… ビッグバナーやレクタングルは、掲載広告の数が減ったりしますので。但し、スカイスクレイパー(120×600)には、時々サイトターゲット広告と思われる画像広告が出現したりします。

特に気になるのは、サイドバーのクリック率がかなり低いことです。それと、ナビ真下は以外に健闘してはいますが
やはり、コンテンツに埋め込まれたレクタングルには敵わないようです。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*