当然では?: <薬のネット販売>市販薬99%超解禁 政府方針

色々と揉めていた市販薬(OTC医薬品、大衆薬)のネット販売ですが、政府はほぼ解禁するようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130603-00000013-mai-bus_all

政府は2日、一般用医薬品のインターネット販売に関し、現在禁じている抗アレルギー剤や一部胃腸薬などの第1類と一部解熱鎮痛薬などの第2類のうち、副作用リスクが最も高いとされる第1類の一部を除く薬について認める方向で最終調整に入った。全面解禁は見送るものの、市販の一般用医薬品約1万1400品目の99%超に当たる。安倍晋三首相が5日に東京都内で成長戦略に関して行う講演で表明することを目指し、近く田村憲久厚生労働相や稲田朋美行政改革担当相ら関係4閣僚が協議する。

市販薬は副作用リスクの高い順に▽第1類(約100品目)▽第2類(約8300品目)▽ビタミン剤などの第3類(約3000品目)−−に分類されている。厚労省は1、2類について「薬剤師などによる対面販売が不可欠」としてネット販売を認めてこなかったが、規制を違法とした1月の最高裁判決や、政府の規制改革会議などの要請を受け、政府・与党で見直しを検討。最も品目が多い第2類は全て解禁し、第1類についても、かつては医師の判断でしか使用できなかった市販薬(スイッチOTC薬)をリスクごとに分類、特に危険度の高いものを除き、解禁する方向だ。

医薬品のネット販売を巡っては、慎重派と解禁派の対立が解けず、厚労省の有識者会議は5月31日、両論併記の報告書をまとめている。自民党内では7月に参院選を控え、慎重派の日本薬剤師連盟や日本医師連盟の反発を押し切ることには慎重な意見が強い一方、規制改革を担当する稲田氏らは全面解禁に積極的。こうした情勢を踏まえ、高リスクの第1類の一部はネット販売の規制を続ける半面、大半の市販薬については認める方向となった。【佐藤丈一】

薬のネット販売:市販薬99%超解禁 政府方針- 毎日jp(毎日新聞)

当然ではと思います。

どう考えても、OTC医薬品のネット販売を規制する理由がありません。対面販売がネット販売よりも安全であるという根拠が無いと思います。

薬剤師は医者ではないので、薬の飲み合わせの判断位しか出来ないのではと思います。勿論、薬の飲み合わせや副作用を考慮して薬を選択するという薬剤師の仕事は重要だと思います。

ですが、市販薬は安全であるから医師の処方箋が無くても購入できる訳です。

つまり、副作用が問題になるような薬は、市販薬として認可すべきではないのです。

本来なら、危険な薬が市販薬として販売されていたら、市販薬としての販売を中止するよう働きかけるべきではないでしょうか?

逆なんですよ。考え方が。

市販薬のネット販売に反対している人たちは、「薬を販売する権利」を自分たちだけのものにしたいのではないかと勘繰ってしまいます。つまり、権益ですね。

この問題は、放置しておくといつまで経っても平行線のままです。

そこで政府は、「成長戦略」という大義名分を掲げて解禁に踏み切ったのだと思います。

どうせTPP関連で、薬の販売の規制緩和を要求されるでしょうし。

99%以外の残り1%は、おそらく「一応安全にも配慮していますよ」というポーズだと思います。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*