問題なのはカロリーではなくて…: ダイエット効果で人気 「高カカオチョコ」 実は高カロリー!!

カカオに含まれる成分が健康に良いと言うことで一時期流行した高カカオチョコレートですが、こんなニュースがありました。

スポンサーリンク

ダイエット効果があるとされ、女性に人気となっているカカオ含量の多い「高カカオチョコレート」が売り上げを伸ばしているが、脂質やカフェイン量が多く高カロリーのため、摂取量に注意が必要なことが6日、国民生活センターの調査で分かった。

普通のチョコはカカオの含量が30~40%だが、カカオ分70%以上の高カカオチョコ12銘柄と普通チョコ3銘柄を同センターで比べたところ、高カカオチョコの脂質の割合は40・7~53・5%と、普通チョコの1・2~1・5倍含まれていた。高カカオチョコを100グラム食べると、それだけで30~49歳の女性が生活習慣病予防のために目標とされる1日の脂質量を摂取したことになるという。

ダイエット効果で人気 「高カカオチョコ」 実は高カロリー!!(産経新聞) – goo ニュース

このニュースの通り、高カカオのチョコレートは高カロリーになります。脂質が多くなるので当然と言えば当然です。カロリー制限ダイエットを実践しているのであれば、確かに問題かのかも知れません。

ですが、私の経験では、カロリー制限よりも炭水化物制限、つまり低炭水化物ダイエットの方が効果があったのです。

気にすべきなのは、カロリーではなく炭水化物だと思います。

詳しくは調べていませんが、高カカオのチョコレートほど炭水化物は少ないようです。そういう意味では、高カカオの方が都合が良いのかも知れません。但し、高カカオのチョコレートでも、それなりに炭水化物は含まれます。油断は禁物です。

また、別の問題もあります。カフェインです。

気管支拡張や利尿、興奮といった生理作用があるテオブロミンやカフェインは普通チョコのおよそ4倍含むものも。健康な人が嗜好(しこう)品として楽しむ分には問題はないが、子供やぜんそく、気管支炎の治療薬を使用している人は注意が必要という。

ダイエット効果で人気 「高カカオチョコ」 実は高カロリー!!(産経新聞) – goo ニュース

低炭水化物ダイエットでは、カフェインの摂取は控えるべきとされています。

ですので、結局は、高カカオのチョコレートはあまり摂取しないほうが良いと言うことになります。程々にしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*