本当ですか?: 高脂肪の食事が善玉菌殺す…北大グループ研究

高脂肪の食餌を取り続けると、腸内の善玉菌の数が激減すると言う研究結果が発表されました。

低炭水化物食が良いと思っている私にとっては、都合の悪い話です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111118-00000965-yom-sci

脂肪が多い食事を食べると、消化液(胆汁)が大腸の「善玉菌」を殺し、腸内細菌のバランスを壊すことが、北海道大の研究でわかった。

 消化液の分泌が引き金となってメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)や大腸がんが発症する可能性を示しており、米消化器病学会の専門誌11月号に掲載された。

スポンサーリンク

研究したのは同大農学部の横田篤教授(微生物生理学)らのグループ。ラットの普通のえさに、高脂肪食で分泌される濃度に近い胆汁を混ぜて10日間食べさせ、盲腸の細菌の変化を調べた。

通常は、大腸や盲腸で約1000種類の細菌が見つかるが、胆汁を混ぜたえさのラットは「クロストリジウム」に分類される菌が98・6%を占め、菌の8割はたった4種類になった。この菌が大半を占めるのは、米国の肥満患者の研究と同じ傾向だった。通常は1割ほどいる乳酸菌などは、ほとんど見つからなかった。

高脂肪の食事が善玉菌殺す…北大グループ研究 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

そうなんですか? そうだとするとかなり拙いですね。

しかし疑問もあります。

脂肪が胆汁の原料となることは知っていますが、そんなに高胆汁になるものなのでしょうか? 実際にそういう人が居るのですから、そうなのかも知れませんが…

これはラットでの実験ですが、ラットは植物性に近い雑食性のような気化します。先の記事にもありますとおり、人間は肉食に近い雑食性です。それに、肉食である動物は、みんな高胆汁で腸内は悪玉菌だらけなのでしょうか?

まあ、私自身は高脂肪を謳っている訳ではなく、「低炭水化物、普通脂肪」です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*