ブラウン管ディスプレイ(CRTモニター)を処分する方法(2016年)

/何を今更と言われそうですが、パソコン(PC)用のブラウン管ディスプレイ(CRTモニター)を処分しました。

実は、2016年現在、ブラウン管ディスプレイを処分するのは結構大変です。ディスプレイではなくテレビの場合はもっと大変です。

ブラウン管テレビやディスプレイを処分するが大変な理由の一つは、所謂家電リサイクル法やPCリサイクル法の存在です。この法律のため、そう簡単に処分できなくなっています。

処分の方法は二通りあります。

リサイクル料金を払って、正規ルートで処分

資源のリサイクルのために、料金を払って正規の方法で処分する方法があります。具体的には、規定の料金を支払って製造メーカー等に引き取ってもらう方法です。

しかし、この料金が3000円とか結構な値段なのです。できれば無料で処分したいですね。

スポンサーリンク

(故障していなければ)リサイクルショップで引き取って貰う

故障していなければ、一部のリサイクル業者が無料で処分してくれます。

今回、私はパソコンファームという業者さんに持ち込んで無料で処分して頂きました。

本来なら処分費用を支払う必要があるものが何故無料で処分できるのかと言いますと、まだ使えるものだからです。国内では使用されなくなっても、動作するものであれば東南アジア等へ中古品として輸出できるということらしいです。

パソコンファームさんの場合、ブラウン管ディスプレイの送料はこちら持ちになります。ですが、もっと有用な物は着払いでも良い場合があります。持ち込みなら無料です。繰り返しますが、ブラウン管ディスプレイの無料引き取りは、故郷していないものに限ります。

逆に言うと、故障して修理も不可能なものは、引き取って貰えません。正規ルートで処分しましょう。

不法投棄しないで下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*