危険メタノール: 密造酒製造で2人逮捕=死者25人に―チェコ

チェコでは密造酒が出回り、メタノールが混ざった密造酒を飲んだ人が死亡するなどの騒ぎになっているようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120925-00000023-jij-int

【ベルリン時事】チェコで工業用のメチルアルコールを混ぜた密造酒を飲んだ人が相次いで死亡した事件で、捜査当局は24日、主犯格の男2人を逮捕したことを明らかにした。犠牲者は少なくとも25人に達している。

2人は飲んだ人の生命に危険を及ぼす恐れがあると認識しながら、金を稼ぐ目的で密造酒を製造し、市場に流した疑いがある。有罪なら終身刑の可能性もある。市場には今も1万5000リットルの密造酒が出回っているとみられ、警察は不審な酒類は飲まないよう国民に呼び掛けている。

チェコ政府は事件を受け、アルコール度数が20%を超す酒類の販売を禁止するとともに、酒類の輸出を停止した。

時事ドットコム:密造酒製造で2人逮捕=死者25人に-チェコ

スポンサーリンク

密造酒ですか…

日本でも昔はあったようですが、最近は聞かれませんね。あったとしても、大抵は酒税を逃れるためでしょう。

今回は、安い工業用メタノールを混ぜた偽酒とも言うべき密造酒です。工業用のメタノールはかなり安いです。実験用であっても、エタノールとメタノールはかなりの価格差があります。そこに目を付けたのでしょう。

でも、メタノールは毒性が強く飲用不可の薬品です。早晩死者等が出て、偽酒であることはばれると思いますが、犯人はそこまで考えたのでしょうか? 証拠を消して逃走すれば逃れられるとでも考えたのでしょう。でも、実際は逮捕されたようですが。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*