再生医療実現へ期待(iPS細胞): 大人の皮膚から万能細胞=再生医療実現の最有力手段へ-京大教授ら

通常の体細胞から所謂「万能細胞」を作り出すことに成功したというセンセーショナルなニュースが流れました。

スポンサーリンク

大人の皮膚細胞に4種類の遺伝子を導入するだけで、ほぼ無限に増殖し、神経や筋肉、骨などのあらゆる細胞に変わる胚(はい)性幹(ES)細胞(万能細胞)に似た「人工多能性幹(iPS)細胞」が作り出された。京都大再生医科学研究所の山中伸弥教授らが21日、米科学誌セルの電子版に発表した。新薬開発に役立つほか、再生医療を実現する最有力手段になると期待される。

1998年にヒト受精卵からES細胞を世界で初めて作った米ウィスコンシン大のジェームズ・トムソン教授らも同日、ヒト皮膚細胞に半分違う4種類の遺伝子を導入してiPS細胞を作成したと米科学誌サイエンス電子版に発表した。

大人の皮膚から万能細胞=再生医療実現の最有力手段へ-京大教授ら (時事通信) – goo ニュース(2007/11/21)

これは本当に大きな出来事です。

この技術の何が画期的かというのは、各報道にもありますが、

  • 自分の細胞なので、(原理的に)拒絶反応が発生しない
  • 受精卵や卵細胞を用いないので、生命倫理の問題をクリアできる

といったことだと思います。

特に、倫理的な問題は、この手の研究の足かせとなっており、代替技術の必要性は以前から指摘されてきました。ですので、下記のような、アメリカ大統領やローマ法王の声名が出される訳です。

【ワシントン=増満浩志】京都大など日米の2グループが人間の皮膚細胞から万能細胞を作製したことについて、米ホワイトハウスは20日、「ブッシュ大統領はとても喜んでいる」との声明を発表した。

多くの米国民が万能細胞の医療応用に期待する中、ブッシュ大統領は受精卵を材料に作る従来の方式に関しては「生命の破壊」と批判し代替技術の開発を求めてきた。

それだけに、声明は「まさにこうした研究の促進を目指してきた」と強調した。

万能細胞の作製、ブッシュ大統領が喜び声明(読売新聞) – goo ニュース

【ローマ23日共同】京都大と米ウィスコンシン大がそれぞれ人の皮膚から万能細胞をつくったことで、ローマ法王庁の生命科学アカデミー所長は「人(受精卵)を殺さず、たくさんの病気を治すことにつながる重要な発見だ」と称賛した。22日、ウェブ版バチカン放送が伝えた。法王庁は、生命は卵子が受精したときに始まるという考え方に立ち、受精卵を壊してつくる胚性幹細胞(ES細胞)による研究に強く反対してきた。

万能細胞の成功を称賛 法王庁立アカデミー(共同通信) – goo ニュース

アメリカの大統領の声名はともかく、ローマ法王庁がこういった見解を示したことは、キリスト教圏内での倫理面の問題が払拭されたと考えて良いと思います。

キリスト教国では、倫理面での問題のため再生医療の研究にブレーキが掛かっていましたが、今回の研究成果により、そういった批判はなくなるわけで、むしろ、アメリカなどは本腰で研究に力を入れてくるものと考えられます。

そういった事態が予想されるので、日本国政府もこの研究を後押しするようです。

文部科学省は、京都大のグループが、あらゆる臓器・組織の細胞に変化する能力を持つ「ヒト人工多能性幹細胞(iPS細胞)」の作製に世界で初めて成功したのを受け、iPS細胞利用を中心に据えた再生医療の実用化研究に本格的に乗り出すことを決めた。

内閣府も早期の臨床応用のための枠組みを早急に策定し、国内での研究を加速する「オールジャパン」体制を構築する方針だ。

米国でもブッシュ大統領が、同様にiPS細胞を作製した米大学の研究を支援する意向で、再生医療の実用化を巡って、国際競争が激化するのは必至だ。

文科省の計画は、今後5年間に70億円を投入し、〈1〉ヒトiPS細胞などの万能細胞の大量培養法の開発〈2〉サルなどの動物を使った再生医療研究〈3〉研究用ヒトiPS細胞バンクの整備――などを重点的に進める。

新型「万能細胞」国が支援、実用化へ5年で70億円投入(読売新聞) – goo ニュース

「オールジャパン」、結構なことです。是非そうしてください。

「今後5年間に70億円」ですか?  これだけで十分なのでしょうか? 税金の無駄使いは悪いことです。ですが、こういった研究への税金投入については、納税者はむしろ肯定的だと思います。お金で解決できるのなら、幾らでも投入してもいいと思う人は多いのではないでしょうか? 勿論、他の予算との兼ね合いもあるとは思いますが、国民の期待を裏切らないようにお願いします。

この話、実はダイエットとは無縁ではありません。糖尿病というのは、ダイエットと深い関係があります。実は、今回の研究の先に、糖尿病の治療の可能性も含まれているのです。糖尿病には発生メカニズムにより種類がありますが、膵臓の機能低下による糖尿病については、膵臓の再生により糖尿病が治る可能性があるのです。

再生医療というと、怪我などで体の機能を損ねた人に対するイメージがあるかも知れませんが、前述の糖尿病だけでなく、動脈瘤の治療の際に、人口血管ではなく再生した血管を用いるなどの可能性もあるわけです。本当に色々な可能性があります。

個人的には、臓器移植などは反対です。人の体を切り貼りするのはどう考えても変だと思います。また、拒絶反応もあり、移植を受けた人は一生拒絶反応と戦っていかなくてはなりません。ですが、今回の研究成果を応用した再生医療が確立すれば、こういった問題もクリアできます。

と、言うわけで、今回の研究成果の続報に期待しております。

追記: この万能細胞はiPS細胞(人工多能性幹細胞)と名づけられました。

追記(12/10/09): この研究成果により、山中伸弥教授がノーベル医学生理学賞を受賞しました。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*