早っ: 万能細胞の安全性向上 がん遺伝子なしで成功

つい先日、体細胞から万能細胞が出来たというセンセーショナルな報道が為されましたが、がん遺伝子などを組み込まなければならないなどの問題がありました。が、それから一ヶ月も経たないうちに、その問題を克服したようです。

スポンサーリンク

人の皮膚から、さまざまな細胞に成長できる万能性をもつ「人工多能性幹細胞(iPS細胞)」を世界で初めてつくった京都大学再生医科学研究所の山中伸弥教授(幹細胞生物学)らの研究グループが30日、作製法を改良し、より安全なiPS細胞を得ることに成功したと発表した。1日発行の英国科学誌「ネーチャーバイオテクノロジー」(電子版)に掲載される。

これまでは、がん遺伝子を含む4遺伝子を皮膚細胞に導入していた。山中教授らによると、今回は、36歳の女性の皮膚細胞に胚性幹細胞(ES細胞)で重要な働きを持ち万能性に関係ある3個の遺伝子だけを組み込み培養。ES細胞と同じ働きをするiPS細胞をつくることに成功した

「万能細胞の安全性向上 がん遺伝子なしで成功」話題!‐宇宙と科学ニュース:イザ!

研究は色々な方法を平行して行っているとは思いますが、こう立て続けに成果が出てくるのは驚きです。

前回の成果報道の際には、今回のような研究の必要性は指摘されていましたが、その研究自体を進めているという話自体はしていませんでした。

今後、よりいっそう研究が進捗することを期待します。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*