禿にもiPS: iPS、薄毛治療の可能性=毛髪組織を部分再生―慶応大

禿の人に朗報です。iPS細胞を応用すれば、髪の毛が戻るかもしれないという研究結果が発表されました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130123-00000156-jij-sctch

人工多能性幹細胞(iPS細胞)を用い、毛髪を作り出す組織「毛包」を部分的に再生させることに成功したと、大山学慶応大専任講師らの研究チームが23日までに、米科学誌電子版に発表した。チームは「脱毛症の治療や、育毛剤開発につながる可能性がある」としている。

研究チームはまずヒトのiPS細胞を、皮膚になる手前の細胞に変化させた。さらに、皮膚細胞に毛包を作るよう働き掛ける「毛乳頭」の代わりに、同様の力を持つ若いマウスの皮膚細胞を皮膚になる前の細胞に混合。マウスに移植したところ、マウスとヒトの細胞が混ざった毛包の組織と毛髪ができた。

ヒトの毛乳頭には大量採取が難しいなどの問題があるため、今回は採取が容易な若いマウスの細胞を用いた。ヒトiPS細胞から毛乳頭を作ることができれば、今回の方法を応用して完全なヒトの毛包を再生させることが可能になると期待できるという。

時事ドットコム:iPS、薄毛治療の可能性=毛髪組織を部分再生-慶応大

スポンサーリンク

薄毛に悩んでいる人には朗報だと思います。親も禿なので遺伝だとあきらめている人には驚きかもしれません。

もちろん、すぐに実用化される訳ではありませんが、悩んでいる人が多いのも事実だと思いますので、以外と実用化は早いかもしれません。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*