以外、訴訟疲れ?、それとも…: 「白い恋人」と吉本興業が和解成立…「面白い恋人」パッケージ変更で継続販売

石屋製菓の有名土産である「白い恋人」のパロディとして吉本興業が販売し、訴訟沙汰になった「面白い恋人」ですが、吉本興業と石屋製菓の間で和解が成立したそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130213-00000037-dal-ent

北海道土産の人気菓子「白い恋人」を製造販売する石屋製菓(札幌市)が商標権を侵害されたとして、吉本興業(大阪市)などに菓子「面白い恋人」の販売差し止めや損害賠償を求めた訴訟が13日、札幌地裁で和解が成立した。

「面白い恋人」については商品名はそのままに、4月1日をめどに新デザインのパッケージを変更した上で引き続き販売する。常設の販売場所は、これまで通り関西6府県(滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山)となる。賠償金は支払わない。

吉本興業は「弊社の考えを原告である石屋製菓様にもご理解していただくべく務めてまいりましたが、このたび、お互いに納得のいく和解ができたことを非常に喜ばしく思っております」としている。

スポンサーリンク

石屋製菓もホームページで和解の成立を告知。「『面白い恋人』の販売地域が、実質的に関西圏に限定され、更にパッケージデザインが変更されることにより、誤認混同の恐れが無くなったと判断しており、訴訟提起の目的は達せられたと評価し本和解に応じました」との見解を示した。

訴状では、面白い恋人は、名称や箱の図柄が白い恋人と類似し、商標権を侵害。売り上げの一部、1億2千万円を支払うべきだとしていた。

「白い恋人」と「面白い恋人」和解成立/芸能速報/デイリースポーツ online

以外ですね。もう少し揉めると思ったのですが…

個人的には吉本興業を許したくないですね。

しかし、石屋製菓が訴訟を起こしたのは、一昨年の11月です。足かけ3年ですね。石屋製菓さんは訴訟疲れでも起こしたのでしょうか? 訴訟にはお金がかかりますからね。訴訟を長引かせるよりは、早めに和解したほうが良いと判断したのかもしれません。パッケージさえ見間違えなければ直接の被害は無いと判断したのでしょうか?

石屋製菓は、あの不祥事でかなりのダメージを受けているので、訴訟を長引かせる余裕は無いのかもしれません。

それとも、そもそもこの訴訟は和解も織り込み済みで起こされたのでしょうか。訴訟を起こせばそれだけでニュースになり話題になります。マスコミが勝手に宣伝してくれます。私のような輩も勝手に宣伝していることになるわけです。勝訴することはあまり意味が無かったのかもしれません。そういう意味では、あまり動きがないと話題にならないので、「和解」という話題を提供して幕引きを図ったのかもしれません。

そもそも、石屋製菓と吉本興業はグルだったとか…

「白い恋人」と「面白い恋人」の両方の宣伝になりましたからね。

もしそうだとしたら、やっぱり腹黒いですね(勿論冗談です)。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*