微量ですが: 中国茶葉に残留農薬、伊藤園ティーバッグ回収へ

伊藤園が販売したウーロン茶ティーバッグの中国産茶葉に微量の残留農薬が含まれていたそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121210-00000820-yom-soci

伊藤園は10日、ティーバッグのウーロン茶3商品について、茶葉から国の安全基準を超える残留農薬が検出されたとして、自主回収すると発表した。

検出量は微量で、茶葉を大量に直接食べなければ、健康被害のおそれはないという。

スポンサーリンク

回収対象は、「ウーロン茶ティーバッグ(54袋入り)」の賞味期限2013年11月27日以前のもの、「濃いウーロン茶ティーバッグ(30袋入り)」の同11月25日以前のもの、「スタイルワン ウーロン茶ティーバッグ(54袋入り)の同11月16日以前のもので、計約40万袋となる。

3商品は中国産茶葉を使用しており、中国での輸出前検査では異常はなかったが、国内での製品検査で6日、基準を超える農薬が検出されたという。同社は3商品の生産を停止し、原因を調査している。

中国茶葉に残留農薬、伊藤園ティーバッグ回収へ : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

微量でも大量に摂取すれば健康被害に結びつくのでしょうか?

「茶葉を大量に直接食べなければ、健康被害のおそれはない」ということですが、これを見た悪意のある人が「茶葉を大量に直接食べる」かも知れません。その場合、健康被害の恐れはあるのでしょうか? 疑問です。

それと、中国では検出されず日本では検出されたそうですが、中国での検査体制に問題はないのでしょうか? それとも偶々ですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*