サイバー自衛隊?: サイバー対策、政府が素案

昨今の外国によるとみられるサイバー攻撃に対し、政府が対策の素案をまとめたそうです。

それには、自衛隊への「サイバー防衛隊」の創設も記載されているそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130521-00000044-jij-pol

政府は21日午前、官民のサイバー対策を協議する情報セキュリティー政策会議(議長・菅義偉官房長官)を首相官邸で開き、外国政府・軍が関与したとみられるサイバー攻撃が相次いでいることを受け、自衛隊への「サイバー防衛隊」創設や今後の重要課題を盛り込んだ「サイバーセキュリティー戦略」素案をまとめた。6月中に決定する。

会議の席上、安倍晋三首相は「サイバー攻撃の脅威が深刻化する中、国家安全保障や国民生活の安定、経済発展のため、速やかに対応していく必要がある」と述べた。

素案はサイバー犯罪対策として、インターネット利用者の通信履歴を通信事業者が保存することや、捜査への利用の在り方を検討する方針を示した。また、悪性サイトにアクセスしようとする一般利用者に対し、憲法で保障された「通信の秘密」に配慮しつつ注意喚起を行う仕組みの構築や、第三者による通信内容の解析が可能かどうかも検討課題に挙げた。

時事ドットコム:サイバー対策、政府が素案

スポンサーリンク

「サイバー防衛隊」ですか…

自衛隊の組織として設置されるのであれば、陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊の三自衛隊の下部組織となるのでしょうか? それとも陸海空の自衛隊とは独立した組織になるのでしょうか?

陸海空の自衛隊とは独立した組織というのであれば、それは「サイバー自衛隊」とでも呼ぶべき組織ではないでしょうか?

ところで、自衛隊の組織として設置されるのであれば。「隊員」は、やはり銃器を持って野外での演習に参加するのでしょうか? 霞が関の人はまだしも、事務系や技術系の所謂「背広組」も新人研修で演習に参加すると聞いたことがあります。匍匐前進とかも行うらしいと聞きました。本当かどうかは私にはわかりませんが…

まあ「隊員」は万が一も銃の引き金を引くことは無いと思います。むしろキーボードの打鍵の方が重要かも知れません。

ひと月になることは、どうやって「防衛」するのかということです。サイバー空間に国境はありませんが、たとえば、国内の企業が海外のサーバーを借りてサイトを運営していた場合、それは防衛対象となるのでしょうか?

FC2のように、外国籍の企業で外国にサーバーを設置しているネットサービス企業が、日本でサービスを展開している場合もあります。FC2のユーザーのサイトやブログ、またはFC2レンタルサーバーを借りてサイトを運営している企業のサイトがサイバー攻撃を受けた場合はどうなるのでしょうか? 物理的な位置よりも、利用者の国籍が優先されるのでしょうか?

それに海外から国内のサーバー等への攻撃は国内につながる回線のルーター等で遮断するなどを行うのでしょうか? 国内にいるBOTは防衛対象で、場合によってはBOTが仕込まれたPCを遠隔で操作してBOTを駆除したりするのでしょうか? これは「通信の秘密」にも引っかかります。海外のPCに仕込まれたBOTが国内のサーバーへ攻撃した場合も回線を遮断することしかできないのでしょうか? BOTを仕込んだ「犯人」のPC等を突き止めたとしても、そこが外国で、しかも今回問題となっている外国政府や軍だったらどうするのでしょうか? そのPCにサイバー攻撃等を行使できるのでしょうか? 個人の仕業ではなく政府関連が相手だったとしたら、相手国政府に依頼して犯人を取り押さえてもらうことも出来ません。

「装備品」も気になります。洗車や自衛艦や戦闘機と同じく、何等かの「装備品」がある筈です。勿論PC一式はあると思いますが。防衛省の一室でという訳にもいかないでしょう。防衛省への回線が切断されたら「防衛力」を行使できなくなります。複数の地域に散らばって、回線も勿論いろいろ用意するでしょう。陸上自衛隊の基地に間借りするとかしていると、どの回線を使用しているか相手に分かってしまうので、おそらくは外見からはそれとは分からないような形態になるのではないでしょうか?

蛇足ですが、日本の「自衛隊」は英語表記では、Japan Self-Defense Forceとなるそうです。

陸上自衛隊は、Japan Ground Self-Defense Force(略称: JGSDF)です。

海上自衛隊は、Japan Maritime Self-Defense Force(略称: JMSDF)です。

航空自衛隊は、Japan Air Self-Defense Force(略称: JASDF)です。

では、サイバー自衛隊は、Japan Air Self-Defense Force(略称: JCSDF)となるのでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*