盗作: 哀川譲氏の小説を自主回収=「井上堅二氏作品と類似」―アスキー

「俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長」というライトノベルの盗作が発覚し、回収及び絶版が決まったそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100608-00000172-jij-soci

哀川譲氏のライトノベル「俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長」(電撃文庫)に盗作の疑いがあることが分かり、発行元のアスキー・メディアワークスは8日、絶版と自主回収を決めた。

スポンサーリンク

アスキーによると、同作は哀川氏のデビュー作で、文庫書き下ろし作品として5月10日に発売、これまでに4万5000部を発行している。読者からの指摘で井上堅二氏の「バカとテストと召喚獣」(ファミ通文庫)と類似した部分が複数あることが分かった。哀川氏も事実を認め、アスキーのサイトで「プロ作家としての意識の低さ、認識の甘さを深く反省しています」と謝罪した。

時事ドットコム:哀川譲氏の小説を自主回収=「井上堅二氏作品と類似」-アスキー

どちらの作品も知らないので、何とも言えないのですが…

デビュー作で盗作をやらかしたのですからこれまでの実績もなく、評価は0どころかマイナスです。哀川氏の再起は難しいかも知れませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*