新事実?: 豆電球を点けて寝る人は「デブになる」? 光と体のメカニズムを奈良県立医大が解明

「豆電球を点けて寝ると肥満になる」という研究結果が発表されました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130130-00000002-jct-soci

就寝するときに部屋が真っ暗だと眠れない、などとして蛍光灯の豆電球を点ける人もいるが、その豆電球の明かりが肥満につながる可能性がある。そんな調査結果を2013年1月に奈良県立医大の研究者が発表した。

光が体の生体リズムに影響を及ぼすためで、食欲が強くなったり、体に好影響を与えるホルモンのメラトニンが出なくなったりして、中性脂肪が高くなる「脂質異常症」を引き起こす可能性もあるのだという。肥満には体質や食生活などさまざまな原因があるとされているが、睡眠時の生活習慣も関心を呼ぶことになりそうだ。

豆電球を点けて寝る人は「デブになる」? 光と体のメカニズムを奈良県立医大が解明 : J-CASTニュース

スポンサーリンク

メラトニンの話は私も知っていました。かなり昔、テレビの健康番組で紹介されていました。それまでは、豆電球を点けて寝ていたのですが、メラトニンのことを知ってからは真っ暗にしてねるようにしています。

子供の頃は、真っ暗な時にトイレなどで起きる時は何も見えなくて困ったものです。

ですが、今は、照明器具にリモコンが付いているので、手元に照明器具のリモコンを置いておけば、夜中に起きる時も照明をすぐに点けられるので、困りません。

そんな訳で、今は真っ暗な状態で寝ています。

しかし、豆電球で肥満になるとは、以外な新事実ですね。脂質異常症にはなりたくないので、これからも暗くして寝ることにします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*