ブラウザ上でサイトのリンク切れをチェックできるFirefoxアドオン: LinkChecker

ウェブサイトの管理をしていると、どうしても避けて通れないのがリンク切れのチェックです。リンク切れがあると、サイトを閲覧しているサイト訪問者が不快に思うだけでなく、サイトがメンテナンス(管理)されていないと判断されてしまう可能性があります。ブログでも同様です。

また、サイト内のディレクトリ構造を変えた場合にもリンク切れが発生する可能性があります。

リンク切れのチェックは重要なのですが、手で一個一個リンク切れをチェックするのは大変です。そんな訳で、リンク切れをチェックするツール(いわゆるリンクチェッカー)があります。

スポンサーリンク

Firefox(ブラウザ)用アドオンとしてのリンクチェックツール

一般的なリンクチェックツール(リンクチェッカー)は、PC等にインストールしローカルファイルのリンク切れのチェックができるものです。が、これではローカルファイルしかチェックできません。

そこで登場するのが、ブラウザのアドオン(追加機能)としてのリンクチェックツールです。これならば、チェックしたいサイトをブラウザで開き、すぐにリンクチェックすることができます。勿論ローカルファイルのリンク切れもチェックできます。ローカルファイルをブラウザで開き、リンクチェックすれば良いのです。

Mozilla Firefox(以下Firefox)用のアドオンとして、LinkCheckerがあります。このアドオンをFirefoxにインストールすることにより、Firefoxにてリンクチェックを行うことができます。

LinkCheckerのインストール方法

(Firefoxがない場合はインストールしてください。

以下のページにFirefoxでアクセスします。

大きく表示されている「インストール」(Installとなっているかもしれません)ボタンをクリックし、表示される指示に従います。途中で警告メッセージが表示される可能性がありますが、無視してインストールを続行します。

Firefoxを一度終了し再起動すると、LinkCheckerが使えるようになっています。

使い方

LinkCheckerの使い方は簡単です。

  1. リンク切れチェックをしたいウェブページ(ブログのページ)をブラウザで普通に表示させます。
  2. Firefoxのメニューバーの「ツール」の「Check Page Links」を選択します。
  3. すると、LinkCheckerによりハイパーリンクが一つ一つチェックされ、有効リンクと無効リンクが色分けされハイライトされます。リンク切れは一目瞭然となります。

サイトのどのリンクが切れているのか視覚的に分かるので、非常に便利です。

ただし、該当するHTMLコードを教えてくれる訳ではありませんので、実際の修正の際は少し面倒かも知れません。

設定方法

幾つかの設定項目があります。設定を行うには、Firefoxのメニューバーの「ツール」「アドオン」でアドオン一覧のページを開き、LinkCheckerを選択します。「設定」と書かれたボタンが表示されますので、クリックすることにより設定画面(ウィンドウ)を開きます。

設定画面(ウィンドウ)はタブ形式になっています。

リンク色の設定(Colors)

リンクはハイライトされますが、ハイライトした色がサイトページの背景などと同じであると見分けがつかなくなります。このような場合には、ハイライトする時の色を変更することによって対応します。

ハイライト色は、カラーコードまたはパレットで選択できるようになっています。

  • Valid: 有効なリンク
  • Invalid: 無効なリンク(リンク切れ)
  • Misc: それ以外のリンク(リダイレクトなど?)
  • Skipped: チェックをスキップしたリンク(後述)

除外(スキップ)リンク(Exclusions)

チェックしたくない(スキップする)リンクを指定できます。

たとえば、アフィリエイトリンクなどは、リンクチェックをするとクリックしたことになってしまい、クリック数が加算されてしまうことがあります。大抵のASPではこういったクリックは許可されていませんので、チェックから除外するのが得策です。

GoogleAdSenseのような広告の場合は、リンクがHTMLソースに現れませんので、その心配はありません(クリックカウントされません)。

設定方法ですが、リンク中に現れる特定のキーワードを除外すると言うものです。たとえば、Amazonアソシエイトリンクを除外したい場合は、単純に「amazon」という文字列を「Banned Keywords」に追加すれば良いのです。

キーワードは、カンマ(勿論半角)で区切り、スペース(空白)等は挿入しないようにしてください。

追記: 2008年6月20日現在では、Firefox3には対応していないようです。

追記(08/06/27): バージョンアップし、Firefox3にも対応した模様です。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*