甘い汁を吸って肥満に: 日本食品化工など10社に立ち入り=液糖でカルテルか―公取委

果糖ブドウ糖液糖などの製造業者がカルテルを結んでいたそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120131-00000061-jij-soci

トウモロコシを原料とし、清涼飲料などに利用される異性化液糖をめぐり価格カルテルを結んでいたとして、公正取引委員会は31日、独禁法違反(不当な取引制限)の疑いで、日本食品化工(東京都千代田区)など計10社の本社など、三十数カ所を立ち入り検査した。

スポンサーリンク

他に立ち入りを受けたのは、群栄化学工業(群馬県高崎市)、昭和産業(千代田区)など。業界団体の日本スターチ・糖化工業会(東京都港区)も対象となった。

関係者によると、各社は数年前から、トウモロコシの価格高騰などを背景に、飲料メーカーなどへの異性化液糖の販売価格を事前の話し合いで調整していた疑いが持たれている。話し合いの場として同工業会が利用されていたとみられる。(2012/01/31-12:01)

時事ドットコム:日本食品化工など10社に立ち入り=液糖でカルテルか-公取委

異性化液糖は、清涼飲料水の甘い味の元になっているものです。果糖ブドウ糖液糖などがそれに当たります。

甘い汁の製造会社が、自ら甘い汁を吸って肥えていたと言う訳ですね。

いうまでもなく、異性化液糖は肥満の原因であり、摂取すべきではありません。低炭水化物ダイエットに於いては避けるべき食品原料の一つでもあります。

正直、こんな会社潰れても私は困りません。なるべく摂取しないようにしているのですから。無くなってしまった方が有難いです。

参考リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*