残念: 生ハムから食中毒菌=製造業者に回収命令―宮崎県

宮崎県の工場から出荷された生ハムから食中毒の原因となる菌が見つかったそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111027-00000153-jij-soci

食品加工会社「林兼産業」(山口県下関市)が都城工場(宮崎県都城市)で製造した生ハムから食中毒の原因となるリステリア菌が検出され、宮崎県は27日、同じ時期に製造された商品8331パックの回収を同社に命じた。

スポンサーリンク

宮崎県衛生管理課によると、同時期に製造されたのは約900キロで、賞味期限は11月9~14日と表示。明治ケンコーハム▽シジシージャパン▽福留ハム▽グリコ栄養食品-の4社に出荷され、「LACHS HAM 切り落とし生ハム」などの商品名で全国販売されている。菌は、大阪府内に流通していた商品から府の定期検査で見つかった。(2011/10/27-22:06)

時事ドットコム:生ハムから食中毒菌=製造業者に回収命令-宮崎県

生ハムからですか… 残念ですね。

肉類は低炭水化物食品なので、良く摂取するのですが…

でも、ハム類は砂糖や水飴などで味付けされているものが殆どですから、厳密には他の肉類と比較して炭水化物は多いと思います。

この記事で驚いたのは、一箇所の下請け業者からこんなに多くの有名企業に出荷されていたという事実です。

何処の企業の製品を買っても、実は同じ下請け業者が製造していたと、そういう話ですね。なんとなくつまらない話です。

こういうことをするのはコストダウンのためなのでしょうか?

食品を販売している大手食品会社はブランドと販売ルートを持っているのですが、実際の生産を行わなくなっているのでしょうか? 勿論味付けなど細かい仕様上の製品デザインノウハウはあるとは思いますが…

食品にとって一番大事なのは、安全性だと思いませんか? 下請け業者に製造を任せていると、食品の安全管理が行き届かなくなるのではないでしょうか? 安全管理も任せっきりですか?

今回の事件は、まさにそういう事例なのだと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*