難しい: 「自炊」代行めぐる著作権訴訟、作家側が勝訴 東京地裁

以前から所謂「自炊」の代行が問題となり、著作権者側が自炊業者を相手取って訴訟を起こしていましたが、著作権者側が勝訴したようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130930-00000025-asahi-soci

【小松隆次郎】紙の本を裁断、スキャンしてパソコンなどに取り込み、電子書籍化する「自炊(じすい)」の代行ビジネスで著作権を侵害されたとして、作家の浅田次郎氏らが業者2社に、代行業の取りやめと損害賠償を求めた訴訟の判決が30日、東京地裁であった。大須賀滋裁判長は2社に計140万円の賠償と業務の取りやめを命じた。

訴えていたのは、浅田氏のほか、作家の大沢在昌、林真理子、東野圭吾の3氏と、漫画家の永井豪、弘兼憲史、武論尊の3氏。

スポンサーリンク

自炊代行をめぐっては、大手出版社7社と作家122人が2011年9月、業者約100社に対して業務の中止を求めている。

訴状によると、2社はその後も事業を継続。7氏が昨年11月に提訴に踏み切った。1冊あたり200~240円の基本料金で、分量や大きさなどによって追加料金を取っていたという。

裁判で作家側は、無断スキャンによって著作権が侵害されていると主張。業者側は、既に7氏の作品の自炊代行はしていないとしたうえで、自炊代行は著作権法で認められる「私的使用のための複製」を補助しているだけだと反論していた。

朝日新聞デジタル:「自炊」代行めぐる著作権訴訟、作家側が勝訴 東京地裁 – 社会

難しいですね。

結局、記事の内容だけでは意味が分かりませんね。

著作権を侵害したのは、誰ですか? 自炊代行業者ですか? 本の持ち主でしょうか?

代行業者の手元に電子化された本が残っていないのであれば、複製を手伝っただけになりますね。文献のコピーを取る時に、手伝ったのと同じだと思いますが。友達から借りたノートを後輩に頼んでコピーさせたら、その後輩は著作権法違反になるのでしょうか?

私は、「自炊」代行業者は無罪のような気がしてなりません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*