凄い数が: マルハの缶詰583万缶を自主回収 金属が混入か

大手水産加工会社のマルハニチロが販売した缶詰が回収されているそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121003-00000571-san-soci

マルハニチロ食品(東京都江東区)から缶詰の委託製造を受けている高木商店(茨城県神栖市)は3日、同社が製造したサバのみそ煮などの缶詰に金属が混入している可能性があるとして、缶詰約583万缶を自主回収する報告書を県潮来保健所に提出した。

対象は平成19年3月~今年9月に販売された「マルハ さばみそ煮」、「マルハ 秘伝いわし蒲焼(かばやき)」など6種類。

スポンサーリンク

今年4月と9月、マルハニチロ食品に缶詰の購入者から「金属の異物が入っていた」と苦情が入った。高木商店は「食べた際に口の中を傷つける可能性がある」として、同社の同一ラインで製造した商品を対象に回収を行う。

「マルハの缶詰583万缶を自主回収 金属が混入か」:イザ!

凄い数ですね。対象になる製造期間がかなり長いからでしょう。金額にしたら幾らになるのでしょうか? この手の缶詰の店頭価格は一個100円だったように思います。とすると、約5億8千3百万円ですか。金額で見ると大したことはなさそうです。

とはいえ、回収費用はかなりの額になるのではと思います。色々なところに販売されているでしょうから。大変です。

それにしても、金属片が混入するような状況をこんなに長い期間放置していたのは本当に拙いと思います。発覚したのが最近だからという言い訳は聞きたくありません。

それにしても、最近の大手食品会社は、委託製造が多いような気がします。コスト削減のためだとは思いますが、委託製造で、品質管理が行き届くのか疑問です。

追伸(13/12/31): 2013年の年の瀬に、マルハニチロの冷凍食品に農薬が混入されたという事件が発覚しました。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*