「そんなぁ…」: ブルガリアヨーグルト値上げ 明治乳業が58品目

明治乳業が製品の値上げを行うようです。正直「そんなぁ」といった感じです。

スポンサーリンク

明治乳業は28日、来年3月1日の出荷分から、ヨーグルトや加工乳など58品目の商品を約3~10%値上げすると発表した。脱脂粉乳やバターなど輸入原材料の価格上昇が理由。主力商品の「明治ブルガリアヨーグルトLB81プレーン」(内容量5 00グラム)は、希望小売価格(税抜き)が10円上がり2 60円になる。ブルガリアヨーグルトのプレーンタイプは昭和56年以来の値上げという。「明治ラブ」(1リットル)や「カフェ・オ・レ」(2 50ミリリットル)、「明治プリン超big」なども値上げの対象だが、牛乳の値段は据え置く。

「ブルガリアヨーグルト値上げ 明治乳業が58品目」ビジネス‐メーカーニュース:イザ!

乳製品の値上げについては、森永乳業が既に行っております。原材料高騰によるコストアップは不可避なのでしょう。ただ、直近の為替相場は円高に振れているので、このまま円高傾向が続くのであれば輸入原材料の高騰によるコスト負担は和らぐ形になると思います。

正直、今回の発表は私にとって結構痛手です。

ヨーグルトは比較的低炭水化物なので、私は結構摂取しています。特に、今回値上げされる「ブルガリアヨーグルト」は、昔からのお気に入りです。つい最近、添付の砂糖をなくした商品「そのままでプレーン」が発売され、「これは都合が良い」と思っていたので、なおさら残念です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*