東京「美食の都」の理由: ミシュランガイド東京版

「三ツ星レストラン」という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、その三ツ星レストランを紹介しているのがミシュランガイドであることを知らない方は結構いらっしゃるのではないでしょうか?  ミシュランガイドは、フランスのタイヤメーカーであるミシュランが発行している旅行ガイドです。

そのミシュランガイドの東京版が刊行されるようです。

格付け「ミシュラン」アジア進出、東京の8店に三つ星評価(読売新聞) – goo ニュース

スポンサーリンク

東京のレストランを星の数で格付けする「ミシュランガイド東京2008」の発刊記者会見が19日行われ、最高の三つ星評価に8店の飲食店が選ばれた。東京版はアジア初のミシュランガイド。

タイヤメーカーの仏ミシュラン社グループが手がけるミシュランガイドは、これまで欧州を中心に21か国分が発行されている。

22日発売の東京版では都内150店のレストランが選ばれ、〈1〉三つ星「そのために旅行する価値がある卓越した料理」8店〈2〉二つ星「遠回りしてでも訪れる価値のある素晴らしい料理」25店〈3〉一つ星「そのカテゴリーで特においしい料理」117店――という内訳。日本ミシュランタイヤによると、星の総数191は、ミシュランガイドが紹介する都市では最多。ミシュランガイド総責任者のジャン・リュック・ナレさんは「星の評価基準は欧米の基準と同じ。東京は世界に輝く美食の都」と持ち上げた。

東京は「美食の都」として評価されたようです。

フランスのタイヤメーカーミシュランは19日、新たに発行する「ミシュランガイド東京2008」に掲載したレストランすべてに「星」が付き、東京が世界で最も「星」の多い「美食の都」となったと発表した。掲載店すべてに星が付くのは世界で初めて。発刊は22日。

掲載されたレストラン150店のうち、三つ星が8店、二つ星が25店、1つ星が117店と評された。三つ星レストランの3店が和食、2店がすし屋、3店がフランス料理店。

会見したジャン・リュック・ナレ総責任者は、「使われている食材の質、料理の技法、何世代も受け継がれてきた料理の伝統などに敬意を表し、すべてのレストランに星を付けさせていただいた」と語った。「東京は世界でさんぜんと輝く美食の都市」と称賛した。 

最も多く「星」が輝く美食の都市=「ミシュランガイド東京」がお墨付き (時事通信) – goo ニュース

正直、「遅すぎる」感があります。もっと早く刊行されるべきものだと思います。

食の都「東京」の訳

日本、特に東京が「食の都」であることは、異論はありませんし、当然そういうものだと思います。

良く考えて見てください。中国に追い上げられているとはいえ、日本は世界第二位の経済大国なのです。お金や物が日本に集まってきます。特に東京にはそういった物が集中します。食べ物も例外ではありません。世界中から色々な食材が集まってきます。

もう一つあるのは、日本人の海外への興味というかコンプレックスと言うべき感覚があると思います。海外の高級料理に憧れを抱く日本人は決して少なくないのではと思います。フランス料理やイタリア料理のレストランも多く存在します。中国料理もあります。とはいえ、本場そのものを忠実に提供するレストランもありますが、日本人向けにアレンジしたものも多いのではないでしょうか?

また、そういった海外の食文化がどんどん日本に輸入され、日本の食文化に定着しているという事実も見逃せません。

今回三ツ星とされたレストランに、フランス料理店が含まれていたことは、ある意味驚愕でした。数あるフランスのフランス料理店よりも評価が高いのですから。

タイヤとレストランガイド

何故タイヤメーカであるミシュランがレストランのガイドを発行しているのか、不思議に思う人も多いのではないでしょうか。しかも、現在は優良ですが、昔は無料で配布されていたそうです。無料と聞くと、レストランやレストラン業界から依頼されて作成されたと思う方もいらっしゃるかも知れませんが、それも違います。

ミシュランはタイヤメーカなのに何故レストランの格付け本を配布しているのでしょうか

実は、ミシュランガイドは決してレストランの格付け本ではなく、純粋な旅行ガイドなのです。これで気が付く人は気が付くかも知れませんが、ミシュランタイヤを使っているユーザーに、気軽に旅行に行って貰うためのガイドなのです。つまりこういうことです。タイヤの売り上げが伸びるには、タイヤをより多く使って貰わなければなりません。そのためには、タイヤのユーザーに、各地に旅行してもらうのが良いと言う訳です。旅行するにはガイドがあるほうが便利です。そんな訳で、タイヤメーカーがレストランガイドを発行しているのです。

この商売のセンス、発想というのは凄いですね。

とはいえ、今回刊行された東京版については、タイヤの売り上げには結びつかないでしょう。東京都内を移動するのに車を使うのは、ちょっときついと思います。公共交通機関を使うのが妥当でしょう。まあ、タクシーはタイヤを使いますが…

そういう意味で、タイヤの売り上げという本来の目的からは乖離しているのは間違いありません。

ミシュランガイドの格付けの秘密

ミシュランガイドと言えば、厳密な格付けで有名です。何故こんなことが可能なのでしょうか? 勿論、覆面の調査員という仕組みもあるとは思いますが、本当の理由はもっと違うところにあります(と思っています)。

実は、ミシュランがタイヤメーカーであることが最大の理由だと思います。どういうことかといいますと、料理業界やレストラン業界とは関係がない業種だということです。

これだけでどういうことか理解できる方もいらっしゃるかも知れませんが、もう少し突っ込んで説明しますと、要は、レストランとはなんら利害関係がないため、きわめて中立的な立場で評価ができるという訳です。もし、レストラン業界の依頼(レストラン業界がお金を出して)で発行されているのであれば、多かれ少なかれその意向により内容が影響を受けます。また、広告収入だけで製作発行されているものであっても、広告主の意向というものは無視できないでしょう。ですが、ミシュランにはそれがありません。レストランが何を言おうが関係ないのです。純粋に、タイヤを使ってくれるユーザーのためになる情報を提供することを追及できます。ミシュランガイドの「格付け」の厳密さは、その中立性によって保たれていると考えて良いのではないでしょうか。

格付けを示す星の意味についてみても、それは明白です。三ツ星とは「そのために旅行する価値がある卓越した料理(ガイドブック | 日本ミシュランタイヤ)」ということです。

逆に言うと、広告主の絡む報道などは、広告主に都合の悪いことは報道できないというジレンマに陥ることになります。これはどうしても拭いきれない疑問です。

つい先日の「初音ミク騒動」も、そういった疑問を持った人が疑問を投げかけた訳でして、この問題に気が付いている人は気が付いているということです。

ようやく海外から光があてられる、日本の食文化

日本の食文化の海外での理解云々というのは、最近結構話題になっています。海外で日本食がブームとなりつつありますが、一部の人は「間違った日本食文化」だといって海外の日本料理店に「認定制度」を導入しようとしましたが、大きな反発があったのは記憶に新しいです。

そんなことをしているうちに、海外の人が日本の食文化を評価することになった訳です。海外で最も権威のあると言われるガイドブックにて評価されたわけです。遅すぎという感も否めないわけですが、これは喜ばしいことではないでしょうか? やっと、同じ土俵の上で評価されるようになった、そういう感じですね。

参考リンク

MICHELIN GUIDE東京 2008 (2008)

MICHELIN GUIDE東京 2008 (2008)
MICHELIN GUIDE東京 2008 (2008)

  • ASIN: 4930774314
  • [単行本]
  • 価格: ¥ 2,310
  • 日本ミシュランタイヤ
Amazon.co.jp で詳細を見る

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*