「事故」から「事件」へ…: <事故米食用転売>「経営厳しく、つい」 三笠フーズ社長、危険性を認識

中国から国が輸入したものの有害物質が混入しており食用に適さないとされた非食用の「事故米」が、食用目的で転売されたことが明らかになりました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080907-00000906-san-soci

スポンサーリンク

農林水産省は5日、米販売会社「三笠フーズ」(大阪市北区)が工業用に限った用途で仕入れた「事故米」を、食用と偽って転売していたと発表した。事故米からは、中国製冷凍ギョーザによる中毒事件でも問題になった有機リン系の農薬成分メタミドホスや、カビから発生し発がん性が指摘されている毒素のアフラトキシンB1が検出されている。同社の工場がある福岡県は、食品衛生法(有害食品などの販売)に基づき回収命令を出した。

農水省は同法違反容疑で大阪府警と福岡県警に近く告発する方針だ。

事故米は菓子や焼酎の原料として加工されたとみられるが、農水省は、アフラトキシンについて「三笠フーズがカビの塊を取り除き、米粒を洗浄するなどして出荷しており、健康被害の心配はない」、メタミドホスについても「検出されたのは残留基準(0.01ppm)の5倍の量で、この程度なら体重50キロの大人が1日600グラム食べ続けても国際基準の許容摂取量を超えることはない」としている。

asahi.com(朝日新聞社):工業用の米、食用と偽り転売 農薬・カビ含有 – 社会

工業用(糊の減量など)とされた事故米が、加工食品用にまわされていたのですか。

社長の言い訳は以下の通りだそうです。

有機リン系の農薬成分メタミメタミドホスなどが基準を超えて残留していたため、政府が事故米として工業用に限定していた輸入米を、米粉加工販売会社「三笠フーズ」(大阪市)が、「食用」として焼酎などの原料に不正転売していた問題で、同社の冬木三男社長は6日午前、記者会見し、「国民の皆さまに多大な迷惑と心配をかけ、心よりおわびします」と謝罪するとともに、転売や二重帳簿の偽装工作を指示したことも認めた。

「農薬汚染米食用転売 三笠フーズ社長が指示認める 二重帳簿偽装も」事件です‐事件ニュース:イザ!

米穀加工販売会社「三笠フーズ」(大阪市北区)が、発がん性のあるカビ毒や基準値を超える残留農薬が検出された工業用の「事故米」を食用と偽って転売していた問題で、同社の冬木三男社長が6日午前、大阪市内で記者会見し、「私が転売を指示した。すべて私の責任」と、不正への関与を認めた。転用は5~6年前から始め、事故米による健康被害の危険性を認識しながらも、安価な事故米を悪用して利ざや稼ぎを続けていたことを明かした。

10年ほど前、経営の苦しい九州の業者を買収してから事故米の取り扱いを開始。その後、経営が苦しくなったために、「九州の工場の部下から食用への転用を提案された」と明かした。「1キロ十数円で仕入れた事故米を30~50円で販売した。米粉にすると、さらに15円ほど高く売れた」と話した。不正発覚を防ぐための二重帳簿や記録の偽造も「私の指示」と語った。

汚染米転売、三笠フーズ社長が会見で不正関与認める : 商品偽装 : 特集 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

食べられない安いものを、食べられる高いものと偽って高く売っていた訳ですね。そりゃ儲かるでしょう。

しかし、「もうけのため」なら何でもやってしまうのでしょうか?

こんな話まで出てきています。

米加工販売会社「三笠フーズ」(本社・大阪市、工場・福岡県筑前町)が、有機リン酸系殺虫剤メタミドホスが検出された中国米など事故米を食用に不正転売していた問題で、不正転売した中国米は計430トンに上り、伝票上だけ2業者を経由した形で米穀会社に出荷されていたことが6日、農林水産省の調べや関係者の話で分かった。同社が、不正転売の隠蔽(いんぺい)工作のため販売経路を複雑化した可能性があり、農水省は詳しい事実関係を調べている。

「メタミドホス米430トン販売 伝票上だけの架空取引で隠蔽?」話題!‐話のタネニュース:イザ!

悪質ですね。これは事故ではなく、紛れもなく「事件」です。「事故米」と呼ばれていますが、「事件米」と呼ぶ方が良いかも知れません。(^^;)

今回の事件は防げなかったのでしょうか? 国の対応に問題は無かったのでしょうか?

野田消費者行政担当相は6日、神戸市内で記者会見し、事故米を業者が食用と偽って販売したことについて「(農林水産省のチェックが)甘かったと思う。(食用に)使ってはならないとわざわざくくられているものなので、細心の注意を払うべきだった」と述べたうえで、農水省に対し検査体制を報告するよう求めたことを明らかにした。

asahi.com:事故米転売 農水省チェック、野田消費者相「甘かった」 – 政治

政府も落ち度があったことを認めているようです。とはいえ、10年にも及ぶ長き間放置されていたのはどういうことなのでしょうか? 「甘かった」だけではすまされないと思います。それに類似の不正をやらかしている輩が他にも居るかも知れません。

加工業者は?

ところで、この「事故米」を購入した米加工業者は、事故米であることに気が付かなかったのでしょうか?

普通なら、仕入れた原料の品質などを確かめたりするものだと思いますが…

知らなかったとしても、健康被害が出れば会社存続の危機になります。有名なのが、「森永砒素ミルク事件」です。

事故米と知っていながら使用したのであれば、これはどういうことになるのでしょうか? やはり食品衛生法或いはJAS法違反ということになるのでしょうか? 健康被害が出ていなくても、何らかの制裁が加えられるべきと思います。

この「事件」、どこまで拡大するのでしょうか? 要チェックですね。

追記(09/02/10): ついに逮捕者が出ました。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*