以外?: 牛乳よく飲むと前立腺がん危険増? 厚労省調査

栄養バランスが良く健康に良いとされ、摂取が推奨されている乳製品ですが、過剰摂取で前立腺癌のリスクが高くなるという話が出てきました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080416-00000039-mai-soci

スポンサーリンク

牛乳やヨーグルトといった乳製品を多く摂取すると、前立腺がんになるリスクが上がる可能性があることが、厚生労働省研究班の調査でわかった。牛乳は大腸がんのリスクを下げるともいわれるため、適度な摂取量がどれくらいか、今後問題になりそうだ。

乳製品に含まれる飽和脂肪酸が、前立腺がんにかかわる血中ホルモンの濃度を上げることなどが原因とみられる。世界がん研究基金と米がん研究所も昨年、乳製品などに含まれるカルシウムの大量摂取が前立腺がんリスクを「おそらく上げる」と報告した。

asahi.com:牛乳よく飲むと前立腺がん危険増? 厚労省調査 – 暮らし

これまで「健康に良い」と言われ、摂取が推奨されていただけに、以外と感じる方も多いのではと思います。

一つ気になるのは、この調査での「乳製品の摂取が多い」というのは、どの程度の摂取量なのかということです。この記事だけでは何も分かりません。

まあ、世の中、特定の食品を多く摂取すれば健康になるというのはないので、ある意味で「そういうこともあるんだな」と納得してしまいましたが。

個人的な話ですが、チーズヨーグルトは良く食べます。昔は牛乳も良く飲んでいましたが、最近は殆ど飲みません。牛乳は太りやすいのです。意外と糖質が多く、吸収されやすいようです。糖質の少なさと言う点ではチーズが一番ですね。最近の物価上昇により、チーズヨーグルトの値段も上がってきたのが残念です。

参考リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*