猫も食べない!?: <中国>食肉偽装3576人拘束 中毒で死亡のケースも

中国では、食肉の偽装事件が多発しているそうです。ネズミの肉を羊肉として販売していたりするそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130504-00000004-mai-cn

【北京・石原聖】中国公安当局がネズミの肉を羊肉と偽ったり、病死した動物の肉を流通させたりするなど食品の安全にかかわる犯罪で計2010件を摘発し、容疑者計3576人を拘束したと発表した。中国メディアが3日伝えた。

スポンサーリンク

2月から4月にかけて摘発した。公表されたケースによると、キツネやネズミの肉に化学薬品を混ぜて羊の肉を装ったり、検疫していない牛の肉、病死した豚や鶏の肉を流通させたりしていた。偽装肉を食べた消費者が中毒で死亡したケースもあった。今回の摘発は、生産者側のモラルが高いとは言えない現状を改めて浮き彫りにしたといえる。

中国:食肉偽装など3576人拘束- 毎日jp(毎日新聞)

ネズミの肉をどうやって羊の肉に偽装するのでしょうか? 羊の肉(ラム、マトン)は、独特の匂いがするので、すぐにわかりそうですが。

羊肉と偽装されたネズミの肉なんて、猫も食べませんよ。

もっとも、今の飼い猫はグルメですから、ネズミなんて食べませんが。

勿論、私はネズミの肉を食べたことが無いので、ネズミの肉が不味いということはわかりませんが、不味そうですよね。

もし間違って羊肉と偽造されたネズミ肉を食べさせられたらと思うとぞっとします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*